ゴマシオ! お前もか!

ロサンゼルスにもいくつかダイソーがオープンしている。

すべての商品が1ドル50セント(日本では百円?)なので、愛用者は多いらしく家の近所にもまた新たな店がオープンしていた。

きょうはたまたま近くを通りかかったので、立ち寄っていくつか買い物をしてきた。

「あ! こーんなのがあった!」

「あ! ほんとだ! 昔日本で見たよなあ。」

「これなら、ヘンな添加物も入ってないだろうし・・買ってこうよ!」


ホセと二人で、つい懐かしくなって買ってしまったのがコレ↓

gomashio.jpg

さっそく夕食に、ゴハンを炊いてふりかけて食べた

まさに・・懐かしの味だ!

ゴマと塩・・ゴマは直火焙煎だし、瀬戸内海産の塩だそうだ。。。

シンプルでナチュラルなカンジがする。

ふと、後ろの表示シールを見てみると・・
(日本製のものでも英語で必ず添加物のシールが張ってあるのだ!)

あれ~!!

「これ! 塩とゴマだけじゃないよー!」

なんと、monosodium が入ってる・・つまり、味の素! MSGってわけだ!!

その他、なにやらのフレーバーだとか、澱粉の一種らしいものも入ってる。

「ええ? だって、これならシンプルにゴマと塩だけだと思ったし、わざわざ表示なんか見なかったからなあ。」

いやあ、こんなものにまで添加物が入ってるってことに・・ちょっとびっくり!

ゴマシオ!お前までもか!

別に私は健康オタクってわけでもないし、日頃から一切の添加物を排除する生活をしてるわけじゃあない。
だけど、最近は裏の表示をしっかり見るようにして、何が入ってるのかを認識してから食べるようにはなった。

すると、日本製品のほとんどが添加物だらけなことには、びっくりさせられる。
とくに、何でもかんでも・・味の素を多様してしまう国らしい。

・・・・・・・・・・・

もっとも、アメリカだって・・特にファーストフードなんかは添加物だらけだけどね・・・。
      ↓
ファーストフード7社のハンバーガーを30日間放置して変化を確認

こういった動画は最近は、いっぱいあって・・とくにマックはダントツ有名ですね。

マクドナルドの食品添加物は危険すぎ|食べてはいけない12の理由

マックのバンズや肉は別として、つまり・・あまりにも怖すぎるからこの際無視して、

今回は人気のマックポテトについて調べて見た。

すると、

o0428039012627563462.jpg


マクドナルドのフライドポテト(フレンチフライ)の原料はインターネット中に瞬く間に広まった。消費者は、フライドポテトの原料がじゃがいもと調理油という基本的な原料の二つではなく、なんと17もの原料でできていたことを知ることとなったのだ。



こんな記事を発見した!!

原料

ジャガイモ、キャノーラオイル、水素添加大豆油、ベニバナ油、自然調味料(植物由来)、ブドウ糖、酸性ピロリン酸ナトリウム(色の保持)、クエン酸(保存料)、ポリジメチルシロキサン(消泡剤)


揚げ油(キャノーラオイル、コーン油、大豆油、水素添加大豆油、THBQ :tert-ブチルヒドロキノン、クエン酸、ポリジメチルシロキサン)


調味料(ケイアルミン酸ナトリウム、ブドウ糖、ヨウ化カリウム)


ぱっと見るだけでも、上記の原料は人体に悪影響を及ぼすものであることがわかる。


遺伝子組み換えのもの(キャノーラオイル、コーン油、大豆油)や水素添加されたもの(大豆油)、化学的保存料や消泡剤(THBQ、クエン酸、ポリジメチルシロキサン)、そして人工着色料(酸性ピロリン酸ナトリウム)など。


こちらを参考にさせてもらいました↓
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11582746530.html

・・・・・・・・・・・・・・

つまり・・ポテトを変色させないための物質、ポテトの揚げ時間を短縮させるための物質、ポテトをカリっとさせるための物質・・などが混入されてるよーです。

知らなかった。。。
これって、発ガン物質のオンパレード、あまりにも怖すぎる!

アメリカでも子どもたちは、マックのフレンチフライが大好きな子が多くて頻繁に食べてるつーのに!!

なんだかなあ。。。

酒とタバコが体に悪い!ってのは昔からよく言われてきたことだけど、最近は、酒とタバコなんて、まだずーーーーとマシなんじゃないの!って思えてくる。


こうやって考えて見ると・・私たちはつくづく有害なものの中で生活してるんだよねー。

食べるものなんて添加物だらけ・・それも発がん性物質だらけだし、音は一番細胞を殺していくと言われる・・440ヘルツにされちゃってるわけだし↓(参考:以前の記事ですが・・。)
DNA修復のための周波数と現代の音楽

それに、目には、LEDのブルーライトが悪いって言われるし・・。

LED照明に含まれるブルーライト(青色光)には注意が必要です。LED照明に用いられている白色LEDは、青色のLEDと黄色の蛍光体、あるいは赤色と緑色の蛍光体を組み合わせたものが多く用いられていますが、その青色LEDから照射されるのがブルーライト。 
ブルーライトは大気中の粒子とぶつかり光が散乱しやすい性質を持っているため、ディスプレイの文字がにじみやすくなり、ピントを合わせるために瞳孔(どうこう)を収縮させる毛様体筋を刺激することで目が疲労しやすくなります。その結果、眼精疲労やドライアイが引き起こされます。ブルーライトのように波長の短い青色光(波長が400 nm~500nm)は、光自体のエネルギーが強く網膜に直接光が当たることから、LEDの光を長時間見続けると細胞の疲労が十分回復せず、眼病被害につながりやすくなるといわれています。




目、耳、舌、五感すべてに有害なものが溢れていて、しかも、どんどんその使用を奨励するようなしくみの中で生活してる。。。

そして病気になれば薬の山だしー。


まずいことに・・私たちは、こういったものすべてが害のない安全なものだと、なーんとなく信じてしまってたんじゃないだろーか。

信じ込まされてしまってるのかもしれないけど。


そりゃあ、精神が病むのも当然だし癌になる人が増えるのだって当然かもしれない!


ようするに、不自然さを作り上げてしまうんだと思う。



すべての生物(当然、人間も含めて)ナチュラル、つまり自然体が基本なんじゃないかなあ?


それが、これだけ不自然な添加物(食べ物だけに限らず)の中に、どっぷり漬かってると、メンタルな面にも知らず知らず影響を及ぼすはずだろうね。



私は健康ということについて・・・昔はあまり考えたことなかった。

健康、ヘルシー、ヘルシーライフ

ところが、今はこれが一番大事なことじゃないかなって思うようになりました。

自分が健康で長生きする・・なーんてことじゃなくって、(もちろんそれも大事なことでしょうが・・)

「健康な精神状態でいること」
それは、どんな状況下においても常に正しく見えていること。


もしも、ときどき間違ったとしても・・人間には自然治癒力ってのが本来備わってるわけだし、必ず正しい方向に戻せるはず。

ただし、それも健康でないとダメなんじゃないかって思うんだよね。

いずれにしても、もう、何があっても健康でいること、それは当然、体とも密接に関わってると思うので、

やっぱり、心身ともに健康でいること・・ってことだと思うし、

多くの人が健康でいるってことは、大きくは良い社会や良い世界も作ってくことなのかもしれない!

なーんてことを思うようになった。


それには、なるべくナチュラルなものの中にいることかもしれませんね。

もっとも、現状ではなかなか難しいことかもしれないけど、それでも、ときにはナチュラルなものに触れることで、
きっと、あ!と思い出すことがあるんじゃないかな。

私たちの魂が思い出すみたいな・・。

・・・・・・・・・・・・・・・

なんだか、またゴマシオから色々なことを考えてしまった気がする。





Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"