憲法9条の改正からコスタリカを思う

安部政権の安全保障政策ってのは、なんだか、気持ち悪いというか、そら恐ろしいものがありますね。
憲法第9条の改正、つまり、すごいスピードで、軍事的政策が進められていってるってわけですね~。

アメリカは、それに「大賛成している」って記事もありましたが、果たして本当にそうなんだろうか?
そりゃ、もちろん自分にとって大きくプラスになる人たちは、賛成するでしょうが・・。

さまざまなアメリカの記事を流し読みした限りでは、
むしろ、日本のナショナリズムに対して危惧してる人が多いように思う。
日本が軍事力を持つことで、日中関係などにも、感情的な緊張を生む・・という記事もありました。

つまり、無防備でいる人には、まわりの人も自然と仲良くできたのに、突然、武装して武器を持つ人がやってくると、「やばい!いざってときのために、こっちも完全武装だ!」
って、心理が働くってことなんでしょうね。

それで、お互いが緊張関係になってしまう。

今や、アメリカだけでなく、憲法9条の改正については、世界が注目してるようで、「あれれ~、日本、大丈夫なの?どーなっちゃうのよ~!」という目で見てるようです。


憲法第9条は、もともとは敗戦国だった日本が、アメリカに押し付けられた憲法だった・・という話もありますが、実際のところは、よくわかりません。

ただ、押し付けられたにしろ自主的だったにしろ、第9条に関しては、私としては、唯一と言っていいほど、優れた部分だと思ってました。

徹底した平和主義と「戦力の不保持」、「交戦権への否認」ですから。

多くの先進国の中にあって、これを憲法としているってのは、むしろ、素晴らしい!
むしろ、徹底して、諸外国に、その平和理念をアピールすべき立場だったんじゃないかって思う。

それを、いまさら改正しちゃたら、日本も、先進国の欧米諸国と同じになっちゃうじゃないですか~!
まさに、同じ穴のむじな・・・ですよ~。

ああ、まさに、そうなろう・・としている人たちが進めてるんでした。。。

私の友人の中には、もう、日本は、いっそのこと、アメリカの51番目の州になっちゃえばいいんじゃない?

なーんて、言う人もいます。

それじゃ、デフォルト危機を抱えて経済的にも沈没しかかってるアメリカが沈むとき、日本も一緒に沈むんですねえ。


そもそも、湾岸戦争やイラク戦争のときに、
日本は多国籍軍(実態は「アメリカ軍」だけどね)にお金だけ出して、人員は一切出さなかったことから、世界的にも批判されたことがありました。

あのときも思ったんだけど、なーんで、国民の税金を使って、お金出してやってんのに、文句言われなきゃなんないんだよ!


ほんとは、もっと、ちゃんと主張すべきだったんじゃないですかね?
憲法9条の理念である、戦争には参加しないスタンスを。 
そして、戦争のためにお金は出さないけど、人々を救うため、負傷者や、現地の被災者に使うためなら、どーんと出しましょう!と。


方法は、色々あったと思います。

まあ、しかし、お金出して、そんな非難を受けるってことは、外交ってヤツが、めっちゃくちゃヘタなんでしょう。

はっきりと意見を述べることもできず、いつも、多数に追従してるような人って、結局のところ、パシリにされちゃったりするだけでしょ?
国際間も、似たようなものかもしれません。


そもそも、「戦争すること」の目的ってなんだと思います?

儲かるから

安部政権が推し進めるとおりになれば、当然、武器輸出もできるようになり、一部の企業は、がっぽり大もうけするでしょう。

さて、その反面、アメリカの要請があれば、自衛隊を地球の裏側にまで派遣して、その国の人々を殺傷しなきゃならないわけで・・・つまり、国民に命のやりとりをさせるわけですよね。

すると、死傷者への保障、精神を病んだ人へのケアーも不可欠でしょう。
さて、国が、どこまで、やってくれるんだろうか?とも思いますが・・。
さらに、自衛隊は今でも人員不足なんで、徴兵制も復活する可能性大でしょう。


スピリチュアル的な面は、この際無視して考えても、戦争参加により、国民がより豊かになるとは思えないんですけどね~。

ある日本政府高官の方が、「集団的自衛権を確立して地球の裏側まで行く」って言ってましたが・・・、

そもそも、自衛権は、他国から脅かされたときに、自国を守るためのもの
地球の裏側まで行っちゃったら、それって、自衛じゃなくって、武力行使じゃないんか!!・・・と、私は思うんですが・・。

そもそも、国連には、国連憲章51条に、集団的自衛権ってのが規定されてるんだけど、あくまでも自衛だけの意味で、「武力行使」や「武力による威嚇」を禁止してるんですよね。

しかし、現状では、イラク戦争のような武力行使をしてるわけだし、そもそも、国連安保理事会ってのは、常任理事国の5カ国が、みーんな核保有国だし、戦争をしかけることで大きくなった国ですもん。

なんでも、アリなんですかね。。。

そういえば、安部首相は、「積極的平和主義」って言ってましたが・・・それって、何? 
こういった政治家さんたちの言葉て、意味わかないですね~。


昔、太平洋戦争に徴兵された・・というジイさんが、こんなことを言ってたのを思い出しました。
「僕は、射撃の名手で、常に射撃隊の前列だった。はるかかなたに、敵が見えると、銃を発射するたびに、敵がくるっと回りながら、倒れていく。
まるで、百発百中のゲームをしてるように楽しくなっていくんだ。
戦争は、自ら興奮状態にして、わざと狂気にもっていくんだよ。
みんなが、そうだった。。。みんなが狂うことで、自分を保っていたんだ。 あれは、すでに地獄なんだよ。」

その後、何十年たっても、うなされる悪夢を見続けたんだそうです。

あーあ、なんだか、重たい話になっちゃいましたね。。。


ところで、コスタリカって国をご存知ですか?

84_map.jpg

日本よりも小さな国で、しかも、日本よりももっと徹底して、軍隊を全く持っていません。
(かわりに警察は、自衛として重武装してるそうで、もしも戦ったらかなり強そうって話ですが。)

2008年の、国連の会合で、非常任理事国のコスタリカが提案したのは、
軍事費とODA(政府開発援助)を絡めて、軍事費を減らし、代わりに環境や教育に多く支出している発展途上国に対して積極的にODAを出そうというガイドラインでした。

国立公園・自然保護区の総面積は全国土の1/4で、2002年には憲法に「環境保障」と題する章を追加して、政府をあげて、エコロジーの関心度は非常に高い国です。

84_graph01.jpg

そういえば、手塚治虫の「火の鳥」のモデルとも言われているケツァールなどカラフルな鳥類も多く見られる国です。

507c.jpg

けっこう、かわいい顔してるんだよね↓
Quetza.jpg

コスタリカの、太平洋側のココ島は、世界遺産に指定されているらしく、映画「ジュラシック・パーク」の舞台にもなったんだですって。

日本政府は、常に、世界の大国ばかりを意識しているように思いますが・・・
たとえば、国連常任理事国、(アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、中国)・・・・などと手を結ぶよりも、

もっと、小国でありながらも、確立したスタンスを持つ国々と手を結び、彼らと共に、別の角度から、大国に大きくアピールしていった方がいいんあじゃないかな~と、ふと思いました。

少なくとも、翳りあるアメリカに同調してるようでは、やっぱ、一緒に沈むだけだと思うからねえ。
Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"