FC2ブログ

伝書鳩を使った教育から学問を考える

前回のブログ記事、鳩の話の中で、友人のお嬢ちゃんの通う幼稚園では、「伝書鳩を使った教育が廃止になる」危機について書いたのだけれど、具体的に今、伝書鳩を使ってどんな教育をしてるんだろう?と思っていたところ、こんなメールを貰った。

鳩のこと

六歳組になると鳩を飼育します。
鳩は繁殖の時期になると、卵をたくさん産みます。
まず卵が産まれたら、孵化する迄のお世話。
孵化したら体重を測り、お世話する都度計測し
足輪もつけます。

名前は水青点々、や赤白点々、など色や模様で区別させます。
鳩は親鳥小鳥合わせ20羽ほどの鳩が、生活しています。

子供が大きくなってくると、親鳥と一緒に飛行訓練を始めます。
友の家に向かって、東西南北の方角から飛ばします。
初めは5キロ
次は10キロ
徐々に距離を伸ばします。
そして山や海などの遠方に鳩飛ばし遠足に行き
友の家に帰ってくる時間を測ります。
子供が飛ばす人、友の家で帰りを待つ人に分かれたり
母が友の家で待ち、時間を測ったりもします。
その時は母も鳩のお世話をします。

鳩は自宅から飛ばしたりもします。

その時期、子供も自宅から公共交通機関を使い
友の家まで行き
その時間と距離を測ったりもします。
(余談 南阿蘇からは、三時間かかりました〜それはドラマがありました😂)

それらの経験をもとに
俯瞰で見た街を想像して、鳩の辿る道を想像して
自分がたどった足跡ももとに
一年かけて、大きな立体地図を作成したり
鳩の絵、造形など色々な制作もします。

音楽も、鳩の歌を毎年作ります。
その年の子達で作る鳩のうたです。
歌詞をつけ、先生がメロディをつけます。
運動会で流れる鳩飛ばしの時のBGMは、これ。

鳩が病気や怪我をすれば
子供達が指導者と、鳩の飼育もされている獣医さんに診せにいき
一緒に話をきき、その後も薬をあげたりします。

鳥の中でもごく珍しい帰巣本能を持つ鳩と
一年過ごすことで
様々な経験をします。
鳩の孵化までのやりとり
飛ばして、中には帰ってこなかった鳩
病気になる鳩
縄張り争いで怪我をしてしまう鳩
etc...

自然界の厳しさを体験して
困難に向かう時
鳩が、子供がどうするか、感じるか
毎年数え切れないドラマを目の当たりにします。

六歳はこのさまざまな経験をやってのけるのです。
それはそれはとても貴重な経験です。



いやあ、凄くないですか! これって!

ここに「学ぶこと」の原点をみた!って気がした。


鳩に限らず・・だけど、「生き物や自然と接することは良いことだ」という人がいる。


それは・・

生き物とのふれあいで
「命の大切さを学ぶから」
「情操教育になる」
「動物愛護になる」


という理由から。


だけどね~、生き物とのふれあいってひとことで言っても・・問題はその中身、どのように触れ合うか?なのだ!

ただ生き物と接すればいいという単純なものじゃない。

もし、そんなことでいいならば、せっかく飼ったペットを捨てたり、虐待してしまう人なんていないはずだ。



ところがなぜ、そんな人たちが存在するのか? 

彼らは表面的なものしか見てないからだ。

誰だって、こんな可愛い動物たちをみれば・・きゃあ!可愛いと感じるはず。(よっぽど偏屈な動物嫌いでない限りは・・)
   ↓
CUTEPET.jpg

ところが、病気になって目やにだらけで、体中の毛が抜けて醜くなってしまったり、捨てられてボロボロになってる子や年寄りのヨボヨボの子をみたりすると・・

うわ! 気持ち悪っ! 汚い!って思う。

また病気にならないまでも、飼ってる子が懐いてくれず、吠えたり噛みついたり部屋を汚してばかりだと・・持て余すことになる。
ちっとも可愛くない! 迷惑な存在としか思わなくなる。 で、捨てちゃえ!ってことになったりする。

つまりは・・・

自分の都合だけしか考えてない!
相手に対して表面しかみてない!


ということなのだ。


特に、小さな子供というものは基本的にそうゆうもの(笑)

可愛いもの、キレイなものに対しては、きゃあ!可愛い!となるけれど・・
汚いもの、醜いもの、怖いものに対しては、拒否反応を示す。

なぜって・・子供は粗野な感情で生きてる(感情が未発達)から、そりゃあ、当然なのだ。

ところが、大人になっても、感情が熟成することなく「未発達のまま」の人がいる・・・それが社会問題にも発展しちゃうことになるんだけどね~(笑)


こんなアンケートをみつけた。
   ↓
petquestinear.jpg
https://dentsu-ho.com/articles/2747


これが決して悪いことだとは思わないけれど・・・少なくともペットを飼う理由は、全~部、自分中心においた視点でしかみてないってことだ。

やれやれ😥

もしも、ペットを飼った後ですら、こんな視点でしか見ることが出来ないのであれば・・・そりゃ、自分に都合悪くなれば捨てちゃう人だっていることだろう。



ようするに・・・

可愛い一面だけを見て接したところで、そんなものは、なーんの学びにも成長にもならない。

ただ可愛い!という心地良い感情で自分を気持ちよくさせるだけに過ぎない。
自己満足を与えるだけに過ぎない。

そんなことからは、何の学びも生まれてこないだろう。


私は、生き物と触れ合うということは、「相手を知ること」
少しでも相手を知ろうと日々努力することでしかない。
と思っている。

61tOemXi1BL.jpg


そこで、前述の「伝書鳩と子供がどのように接するのか」を読んだとき、この中にはあらゆる学びが入っているなあと感心してしまったのだ。

卵を孵化させる手伝い、生まれた鳩を分類し日々記録を取り、飛行訓練ともなれば、距離を測ったり地図を作製したりすることで、算数、地理、サイエンスと、あらゆる学問の基礎が不随してくる。

病気の子を病院に連れて行くことで、生物学や医学的な基礎まで吸収できるかもしれない。

さらに絵を描いたり、歌を作ったり・・音楽や美術も(笑)


数字が好きな子は、鳩の飛行距離に注目するかもしれないし、体の仕組みに興味があれば生態学や生物学にのめりこむかもしれない。 感受性の強い子は、詩を作ったり絵にすることに没頭するかもしれない。

このように、どんな子供でも、自分の好きな分野や得意分野で能力を開花させられる可能性が大なのだ。

queious george


しかも子供は自分が興味を持ったことに対しては凄まじい吸収力がある。

お仕着せの教科書で仕方なく勉強させられる学びと、自らの興味で学ぶこととは雲泥の差がある。

いったん興味を持って自主的に学びはじめると、6歳の子でも中学生レベルの学びをマスターしてしまったりするのはよくあること。




生き物との触れあいというと、ついつい、「命の大切さを学ぶ」「情操教育」「動物愛護」なんて思われがちだけど・・逆にそんなことを思っているだけでは、むしろ道を逸れてしまう気がするのだ。

まずは「相手を知ること」


知っていく過程の中で、自然に「命の大切さを学ぶ」「情操教育」「動物愛護」を心の底で感じるようになっていくものだと思う。

そもそも、そんなことは学ぶことではなく、実感すること、感じることなのだ。

81yOe_UvUPL.jpg


さらに言えば・・

それがどんな分野であっても「正しく道を極めていった人」は、例外なく、みんな「命の神秘や大切さ」を身を持って知っている。
あえて声にする必要もないほど、「命の大切さ」「情操教育」「動物愛護」なんて息をするくらい当たり前のことなのだ(笑)


ここで「正しく」というのがキーワードになるのだけれど・・(笑)


いちおう説明すると・・
良い成績を取るためだったり、地位や名声をゲットするための学問は「正しい」学問にはならない。

「正しい」というのは、そういった邪念を捨てたところで、シンプルに知りたい!という心の欲求のことだ。

そして・・小さな子供ほど、そのシンプルな欲求を持っていることを忘れてはいけないと思う。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

pressrel-IMOWhiteHouse-672.jpg


そういえば、この友人がこんなことを言っていた。

以前に、ここの卒業生が、数学オリンピックで2位の成績を収めたんだけれど、どうやって数学を勉強したらそんなになれるの?と聞いたとこと、「伝書鳩の教育で多角的思考を学ぶことができたと思う。」と言ったそうな。

まあ、学校の授業や受験勉強の視点だけでは、どんなに成績優秀だったとしても、こんなタイトルは絶対に取れないだろう。



本当に「学ぶ」という意味、そして「子供の教育」ということを考えたとき、 まずは、大人が従来の考え方を見直してみる必要があるのかもしれない。

頭を使って読むだけでは理解できない

きのう、アップした日米会談?それとも田舎酒場のオヤジたちか?の、続編です。


243955.jpg

「おジジが松山秀樹さんに祝辞を述べた」という日本の報道を探したところ、


日経新聞
バイデン氏、松山選手優勝に祝意 「日本人の誇らしい気持ち分かる」

読売新聞
【ヨシ!日本の若者がマスターズ制した」バイデン氏、菅首相に祝意

やはり、大手メディアの報道では、ただ「祝辞を述べた」ってことだけになってますね~。


唯一、こちらの記事では、
バイデン大統領「松山の偉業を祝福する」 日米会談後の会見で称賛
   ↓

「日本の若者(a Japanese boy)が米国に来て、なんとマスターズで優勝したんだ」と驚きを込めた様子で語り、「マスターズで勝ったんだよ。グリーンジャケットを勝ち取ったんだ」と繰り返した。



と、日本の若者(a Japanese boy)と表記されていたのをみつけただけです。

これに対してのツッコミまでは、いれてない(笑)
(ここまでで、この記者はせいいっぱいだったのかもしれませんが・・。圧力か?)


これを読んで、え? Japanese boy だって~!と、そこに違和感を持つ読者がどれだけいるのでしょう?



さらに、こんなニュース記事もみつけました。


マスターズ】悲願V・松山英樹を世界で最も祝福したいのに…できない「超大物」とは

トランプさんはゴルフ好きは有名で、なんと松山秀樹さんと一緒にゴルフコースを回ったことがあったとのことです。

さぞかし、トランプさんは松山さんに、祝辞を述べたいだろう・・けど、出来ないww

ツイッター社にアカウントを永久停止されちゃってるからだ。
さぞかし歯がゆい思いをしてることだろう・・でも、自業自得 ww


って記事でした。



こうゆうのを見るだけで、日本の大手報道も、完全にバイデンを持ち上げてトランプは落とすというスタンスなんだってことがわかります。


それも、ザマーミロ! 自業自得だ!という悪感情を煽るような書き方で、ジャーナリストとしての公平な視点はまるでありませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こーんなニュースばかりを毎日みせつけられていたとしたら・・・そりゃ、完全に洗脳されちゃうはず。



つくづく思うのですが・・・

日本のみなさん、英語を学ぶなら、感性も使って学んでください!



Boyなんて単語は中学校の最初の方で習う単語ですよね。
おそらく誰でも知っている・・・。

90近くなった私の母ですら、I am a boyって習ったそうですから。

iamaboy.jpg


英語に限らず、日本語でも、どこの言語であっても・・・感性を使えない人には、そこに秘められた悪意も善意を読み取れません。
文章中に散りばめられている「人の思い」が理解できません。

たとえ難しい言葉をいっぱい知っていたとしても・・それは脳の一部しか使ってないってことです(笑)

心の底では、なーんも受け止められていないことになります。



そして怖いことに、

空っぽの心に連日連夜みせられていると、私たちの脳は、次第にそれが正しいものと認識しちゃうようになってしまうそうです。

それを「洗脳」と呼ぶのでは?


アメリカのデーティングサイトで起こっていること

巷で起こっている二極化

これ、結構笑える記事です!
   ↓
How Donald Trump is killing romance



みんさんは、デーティングサイトってご存じですか? 使ったことありますか?

3bf05ffba3866a36071bb36148614556.jpg


今や日本でもたくさんあるらしい。 お見合いサイトとか、恋人募集サイトみたいなもの。

アメリカでも盛んで、若い人だけでなく、むしろ高齢者たちの間ではもっと使われてるという話だ。


最初に、そういったサイトに登録すると、まずは自分と共通の趣味や志向と合いそうな人を探して、これと思った人と連絡を取り合うようになるのを、最近では自分のデータを登録しておくだけで自動的に候補者を選んでくれるらしい。


一般的なものは、年齢、宗教、子供の有無(または将来望むか望まないか)、住んでいる地域など。

まず、そういったものを登録して、そこから自分との共通点をみつけてピックアップできるようになっている。

次にアップされてる写真を見てその印象で決める → これと思った人に連絡してみる、という流れのようだ。




ところが、昨今では(2017年あたりから)、

「あなたはトランプ支持者か否か」という項目が必要になってきてるとか・・(笑)

年齢、宗教、子供を望むか望まないか・・な~んてことよりも、もっと最重要事項に入ってきてるそうだ。

あなたは、政治を除いてデートできますか?
datingsite.jpg


デーティングサイト、マッチングアプリには、こんな項目まで載せてるところもあるらしい。
  ↓
「あなたはトランプに投票しましたか? またはトランプサポーターですか」



あ! そういえば・・と、ここで思い出した!!

こちらの私のブログ、ここで書いた内容のことを(笑)→最近のわたくし事ですが..


私のプライベートな出来事を書いたのだけど・・ある人と知り合ってデートに誘われたところ・・まずはメールでやりとりしましょ!ってことになって・・お互いの好きなこととか嫌いなことを聞いた途端に、「僕のキライなものは、Trump MAGA」って書かれてたこと。

そりゃ、私だもん・・・そこ、すぐに、ツッコミますがな~(笑)


私は別に相手がトランプさんが好きでも嫌いでもいいのだよ!

問題は、そうゆう結果ではなくって・・

どのように考えて、なぜその結論に至ったのかを、じっくり説明しあって、そこで二人で有意義な議論が出来るならば、それはそれで楽しいメールのやりとりになった可能性だって大なのだ。 そこからLOVEが芽生えるなんてことだってあったかもしれないのだ! (←もっとも・・そんなヘンはヤツは私だけかもしれないけど・・)



人間関係ってものは、たとえラブラブな恋人でも夫婦でも・・こんなふうに意見が真っ向から食い違ったときや、何かハプニングが起こったときに、どのように対応するかで相手の人間力や器の大きさが見えるってものだよね~。


そう考えると、恋人選びのときでさえも真っ先に、

「あなたはトランプに投票しましたか? またはトランプサポーターですか」って質問しちゃうのも名案かも~(笑)


とくに、それがマ逆だったときには、相手のリアクションを見るだけで相手がわかることになる。
そっちの方が、お互いに貴重な時間のムダをしなくて済むってもんだ!


もっとも、ただロマンチックな雰囲気を味わいたいって人にはお勧めできないかもしれないけどね~。

宗教や政治をじっくり議論してる中で、ロマンチックを感じるなんて人はめったにいないかもしれないけど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回、何よりも私がびっくりだったのは、デーティングサイトですら、こんなトピックが織り込まれてしまっているということだ。

お若い方々でもご年配の方々にも・・トランプ支持者かどうか?ってことが判断基準にされてしまうという事実に、びっくりだったのだ。


従来であれば・・・

ん? 政治? そんなん、どーでもいいや~と、アメリカ人は無関心な人が多かったのだ。 


それが今や、どーでもいいや~の中間層が少なくなってきてるらしい。


めっちゃトランプさん大好きか、めっちゃ大嫌いか・・の両極端になっているようだ(笑)


言い換えれば・・それだけ多くの人が政治に関心を持ったってことかもしれない。



こちらの→最近のわたくし事ですが..の最後の方にも書いたように・・ジェンナ・エリスさん(トランプ弁護団の一人だった女性)もまた、このように言っていたなあ~。
   ↓

私はトランプ大統領が大好きだ。 でも、今までの私は大統領を好きになったことは一度もない。

トランプ大統領は私をアメリカ国民にしてくれた、なぜなら彼は、なぜ政治に関心を持つべきなのかを私に教えてくれた人だからだ。




私自身も、まさしく、そうだったのだ!

今まで私は政治には興味なんてなかったのだ。 そんなもん、誰がやったって同じようなもんだろ~と思ってたから。


ところが、トランプさん以来、毎日のようにあらゆるニュースをチェックし、それぞれのTwitterもチェックし、様々な意見にも耳を傾けるようになっってしまった。


これほどの影響力があったということだ。



これは今や二極化が巷でも起こっているということ。


Pro-Trump だろうがAnti-Trumpだろうが、そんなことより、多くの人々が政治に関心を持つようになった!ということが、最も大きな前進かもしれない。



さらに思うことは・・

私たちはアメリカ人からみれば外国人だ。

共和党(Repubrican)でもなければ民主党(Democrat)でもない。

生まれたときから、赤や青色に影響される地域に住んでるわけでもないし、親からの政治的影響を受けてきたわけでもない。

超党派(Bypertism)って言葉があるけれど・・外国人であるということは、まさに、それなのだ。

つまり第三者としての視点で見ることができる



ところが、アメリカで生まれ育った人たちにしてみれば、そういった視点を持つことはなかなか難しいかもしれない。


それでも今や、彼らもまた超党派(Bypertism)の視点で考えていく時期にきてるのかもしれない。



アメリカは、ずーーと宗教や政治の話はタブーとされてきた国だ。

taboo.jpg


たしかに、その方が人間関係にヒビを入れることなく無難に済ますことができる(笑)


でも今後は、そういったことすらも、それぞれが声を出していく必要に迫れれてきた時代に突入しているのかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・

ふと、そんなことを考えさせられた記事だった。

Covfefe CofeeのMAGA精神力

これは、先月目にしたニュースだった。


トランプ支持のCovfefe Cofeeがチェイスに取引停止された後、売り上げが8000%伸びた
   ↓
The sales of pro-Trump Covfefe coffee increased by nearly 8,000% after Chase Bank canceled their sales

*注:上の英語のタイトルの、Pro-Trumpとはトランプ支持者のこと、反トランプは、Anti-Trumpです。


チェイス銀行(←私も主に利用しているアメリカの大手銀行)が、いきなり、Covfefe Cofeeというコーヒー会社の取引中止を言い渡したそうだ。

Covfefe-Coffee-Chase-Bank-Sales-Skyrocket.jpg

すると、潰れるかと思いきや・・いきなり売り上げがうなぎ上りに。
別の英文記事では、SalesがSkyrocketになった・・って書かれてましたっけ(笑)



さて、このCovfefeコーヒーって、どんな意味なのか? どんな発音をするのか?・・・誰もわかってないのだ。

みんな適当に、コヴ・フェフェだとか(第2アクセントのフェを強く発音して)、または、コブフィーだとかって発音してるみたい。

そもそも、英語にはそんな言葉はないのだ。



これは、もともとは2017年にトランプさんのTwitterのタイプミスに始まったことだったのだ。

夜中にツィートでお疲れで目がかすんできてたのか・・まあ、私なんかはしょっちゅうやる打ち間違いってヤツですが・・。


それがこちら。 (もちろん、すべてのトランプさんのSNSすべてが凍結されちゃってるんで今やみることは出来ないけどね。)
  ↓
covfefe.jpg


こちらは、この当時2017年のBBCニュースの日本語版
「covfefe」とは……トランプ氏の謎メッセージにツイッター大いに盛り上がり

ここにも書かれていたとおり・・・


トランプさんは、このときメディアについて批判をしていて・・「絶え間ないネガティブなマスコミ報道にもかかわらず・・」とタイピングしたつもりだったのかと。(笑)

*マスコミ報道というのは「press coverage」と言います。


それが、Covfefeになっちゃったのではないか?というのが、おそらく真相かと。
キイの位置も近いしね~、よーくアリガチだ!(←とくに私がやりそうなタイプミス)



それを、トランプファンのコーヒー会社が、名前にしちゃったというわけ。

ロゴもまさに、トランプさんだし~。

4c02e8b813f1b21b817ffd2caae68fc6.jpg

Making Cofee Great!の文字まで入ってて・・まさに、トランプさんのMEGAを意識したものになってる。
MAGA Brendだし~(笑) MAGAとは、Make America Great Againのこと



ただし、コーヒーの会社といっても、スターバックスのような大手ではない。
中小企業に過ぎないし、むしろ、かなり小さな会社といえるかもしれない。 メイン州でオープンしたとか。


Covfefe-CoffeeMain.jpg


これを見てもわかるように、堂々とトランプさん支持を表にだしまくってるね~。

すると・・

まず最初に、アマゾンで売られていたマグカップが、アマゾンで取り扱ってくれなくなってしまったそうだ。

こちらが、その問題のマグカップ
   ↓
covfefemag.jpg

アメリカ国旗を使ってるので、それはパトリオット精神(愛国心)をイメージするものだから・・というのがひっかかったらしい。
「らしい」というのは推測に過ぎないんだけど・・理由ははっきりと述べられてないんでわからないのだ。 でも・・たぶん図星かと(笑)



そして、今度はチェイス銀行の取引中止。


やり方が汚いよな~!!

汚いっていえば、アカウントを全部停止しちゃったSNSだってYoutubeだって、また、先日アップした、コカ・コーラやデルタ航空にしても、さらに・・アマゾンといえば、ParlerのSNSのプラットフォームをバンして使えなくしちゃったしね~。

とにかく、どこもかしこも、ほとんどの大手は、トランプ支持とわかるや否やあからさまに取引中止に出る。



そりゃまあ、自由市場なんだから、取引中止しても悪いわけじゃないんだけどね・・・

ところが・・
「なぜ、いきなり取引中止したんですか~」と尋ねても、なんの答えもかえってこないのだ。


それは今回のチェイス銀行だけでなく・・以前、大問題になったTwitter社だって明確には答えてない。
いつもウダウダとお茶を濁したような回りくどい言い方で逃げるだけ・・なのだ。


以前にもアップしたと思うけど・・このオヤジ、Twitter社のCEO
jackDorsey1.jpg

言論の自由に違反してると責められれば、仕方なく、またトランプ陣営の封鎖措置を解いたものの、また、様子をみては同じことを繰り返したのだ。


そこが汚いなあ!って思ってしまうのだ。

そして、みーんな一人では何もできない小心者の集まり


そんな小心者でも、数が集り組織だって動くと大きなパワーになってしまうのが困ったところではあるんだけどね~。



それに比べると・・・Covfefe Cofeeにしても、My PillowのCEOのマイク・リンデルさんにしても・・器の大きさが違う!


以前にもブログ記事で紹介したことがあるけど、マイク・リンデルさんは、アメリカ全土に支店を持つような枕専門の会社の経営者。 そして、バリバリのトランプ支持者。

mike lindell pillow


それを隠そうともしなかったため、同じように多くの銀行から取引を止められてしまい、今では数多くの支店やお店がクローズを余儀なくされてしまったのだ。


それでも彼は強い!!
絶対屈しない!・・・それなら、選挙に出馬して堂々と戦う!と言っている。


枕かかえたCMなんかを見てるだけだど、ただの面白いおっちゃんにしか見えないのにね~。
my pillow1


それに比べると、ジャック・ドーシー(TwitterのCEO)やら、先日アップしたばかりの、コカ・コーラやデルタのCEOにしたって、なんだか、オーラの大きさや輝き具合がちっちゃく見えません?(私・・オーラを感じるようになってきたんかな~(笑)


つまり、彼らは一人ではなーんも出来ない人たち。

大きなものに巻かれて生きるしかない人たちなのだろう。


・・・・・・・・・・・・・

ビジネスって儲けを出してナンボの世界ではあるけれど・・・そこには、やはりビジネス理念や精神を基盤にしてなきゃダメだと思うのだよ~。


The body cannot live without the mind.
肉体は心なしに存在することは出来ない。



これは、たしかマトリックスの中にも出てきたセリフだったと思うけど・・ビジネスも同様ではないだろうか?


儲ければそれでいい・・というのでは、あまりにも貧相で弱すぎる(笑)

だからこそ、彼らのオーラは、小さな貧弱なオーラになっちゃうのかもしれない。



それにしても、まだまだアメリカ国民のパワーって凄いなあって思う。

チェイスが取引停止したと知ったとたんに、みなさん、どんどん買いまくるんだもん!
どんだけ、隠れトランプファンがいるのやら(笑)


でもね、こうゆう動きがある以上、いったん流れが大きく変われば、今まで反対しまくってた大手のCEOたちも、今度はまた、別の大きな流れにのりかえることだろう。 


1本筋が通ったビジネスマンと違って、筋金が通ってない彼らは、いつだって「寄らば大樹の陰」なんだもん。

yorabataizyu.jpg

そうなれば、すぐに世の中の動きは変わることになる。



筋金入りで生きるか、寄らば大樹の陰で生きるか・・これまた、人それぞれなんだね。



さて、このCovfeeコーヒーの話題を、及川幸久さんの動画でみつけましたので、よろしければこちらをご覧ください。

詳しく説明されてました!




<参考までに>
ついでなので、せっかくだから、CovcofeeのWebでオンラインで買えるサイトをご紹介しようと思ったら、なぜか開かなくなっちゃってるし・・アマゾンではマグカップだけでなく、コーヒー豆までバンされてるみたいです。


こんなのが出てきます。・・・呆れるばかりじゃ!
   ↓
https://www.theblaze.com/news/amazon-bans-pro-trump-coffee



ワクチンパスポート、そして選択の時代へ

ワクチンパスポート導入に賛成する州と反対する州とで、まっぷたつに分かれた。

ニューヨークはいち早くワクチンパスポートを導入した州だ。

米初のワクチンパスポート NY州、アプリで証明

あのクオモ知事のとこだからね~(笑)

逆に、フロリダはいち早く反対した州だ。
州知事令まで出して、真っ向から反対したし、もちろん、あのテキサス州だって反対だ(笑)

ここにも、民主党 Vs. 共和党 の図式がみえる気がする。


まさに、赤い州か青い州かの(笑)

bulueandred.jpg



これは、賛成か反対かの意思表示をしている10州について書かれた記事
  ↓
https://www.beckershospitalreview.com/digital-transformation/vaccine-passports-10-states-with-bans-limitations-green-lights.html


1. 4月2日、フロリダ州知事のRon DeSantisは、プライバシーの懸念と個人の自由を侵害を主な理由として挙げ、州内でのCOVID-19ワクチンパスポートの使用を禁止する、州知事令を出した。

2.ジョージア州知事のブライアン・ケンプは4月6日、「国が義務付けたあらゆる種類の」ワクチンパスポートに反対をツイートし、「複数の安全で非常に効果的なCOVID-19ワクチンの開発は科学的な奇跡ではあるが、ワクチンは各個人に任せるべき。」

3.ハワイ州知事のデービッド・イゲ氏は4月5日、ホノルルスターアドバタイザーによると、州はワクチンパスポートをサポートするために必要な技術をテストしているが、あと4週間ほどは準備ができていないと述べた。

4.イリノイ州知事のJBプリツカー氏は、ワクチン接種アプリは便利だと考えているが、イベントや施設への入場は必須ではないと述べ、3月24日のセンタースクエアのレポートによると、技術は個人的な選択として提供されると強調した。

5.アイオワ州知事のキム・レイノルズは4月7日、地元のCBS系列のKMTVによると、技術が個人の選択、プライバシー、HIPAAに違反していると考えているため、法的にも、または州知事の立場においても、ワクチンパスポートに反対することを約束した。

6.ルイジアナ州では、州内のワクチンパスポートプログラムをまだ決定しておらず、ジョンベルエドワーズ知事は、4月によると「この種のワクチン検証が実際にどのように機能するかを知るプロセスの少し早い段階」であると述べている。

7.ネブラスカ州はワクチンパスポートイニシアチブに参加しないと、ピートリケッツ知事は3月31日発表し、この技術は「移動の自由と医療のプライバシーというアメリカのシステムの2つの中心的な信条」に違反していると主張した。

8. 3月、ニューヨークは、エクセルシオールパスと呼ばれるCOVID-19ワクチンパスポートを発売した最初の州になった。このデジタルプラットフォームは、ニューヨーク州民が最近のPCRまたは抗原検査の陰性結果、およびワクチン接種の証明を確認するための無料で自発的なもの。

9.テネシー州知事のビル・リーも4月6日にツイッターで技術に対する反対を表明し、「COVID-19ワクチンは政府の要件ではなく個人の健康上の選択であるべきだ」と書いた。

10.テキサスはまた、4月5日にCOVID-19パスポートの禁止を制定した。これにより、州および一部の企業は、COVID-19のワクチン接種を受けたことを証明するために顧客のパスポートを要求できなくなった。




赤い州が共和党寄りだし、青い州は民主党。

ここに挙げたのは、10州に過ぎないけど、これ以外の州も、続々とYesかNoかを表明してきている。


ハワイは現在のところ、パスポート導入は少し時期尚早って言ってるけど、導入する可能性大ってカンジだね。
ここも、民主党政権の州だもんね~。

このように州によって、さまざまなのだ。

フロリダは、州知事令まで出したそうだけど・・もちろん、そんなことが州知事の権力行使でできるわけもなく、州議会、また司法も州民たちのバックアップあってのことだろう。(トランプさんの地元だからね~)


ここで1つ明確にしておきたいことがある。

ワクチンパスポートに反対するということは、ワクチンに反対しているということではない。ということ。

反対している州知事たちでさえ、ワクチン接種している人はいるし、とくに大勢の人に囲まれてる仕事をしている人たちなので、むしろ、彼らは進んでワクチン接種している可能性はある。



問題は、それを強制的に人々に受けさせようとするかどうかってことだ。
しかも、パスポートなるものを発行してしまうってことにある。

それは、ワクチン接種をした人=正しい人、 しない人=違反した人 とはっきりと、二極化区別をしてしまうことになり、

違反した人は、さまざまな制限を受けることになる・・・ひょっとしたら近い将来、生活だってままならなくなってしまうだろう。

もう、完全に反対する者は許さん!という世界に突入することになる。


ん? これこそ、私は人種差別だと思うんだけどな~(笑) 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

多くの日本人の考え方は、どうなんだろう?

ちょっと違うのかもしれない。

ワクチン接種をすることで感染を広げないことになる、人様に迷惑をかけないようにすることが一番であり、そのためにはワクチン接種はすべき! という見方が多いのだろうか~。 こうゆうのを日本人的な考え方って言うのかな?



ちょうどそんなことを考えていたときに、日本に住む友人がこんな記事を送ってくれた。
   ↓
コロナよりも怖い日本人の「正義中毒」 和田秀樹×中野信子が解説〈週刊朝日〉


いやあ、これ、マジで日本で起きてる出来事だったとしたら・・怖いわ!

コロナパンデミックから・・・営業を継続する店への嫌がらしちゃうとか、出かける人をバッシングしちゃうとか・・そんなことが本当に日本では起こってるの~?


さすがにアメリカでは、そんなん・・見たことも聞いたこともない!

たまに、チャイナウイルスってことから、アジア人へのヘイトクライムがあるのでアジア系は気をつけた方がいいよ~ってのは聞いたけど。 (←おバカちゃんは、中国人も日本人も・・ぜーんぶ、顔がアジアなら、全部一緒くたにしちゃってるからね~)


そもそも、あなたがた・・同じ日本人どうしでしょ? 


こんなふうに書いてあったけど・・・

本人は強い正義感でやっているつもりでしょうが、他人を攻撃することでドーパミンが放出され、快楽にはまってしまうんです。
私はそれを「正義中毒」と呼んでいます。




それって正義感じゃないよ~! ただのどろっどろの悪意だよ!


それを、曲がりなりにも「正義」って思っちゃうのは、まさに現在の、狂ってしまったアメリカ民主党の人たちと似てるなあって思ってしまった。(あ、もちろん・・これを正義中毒と呼んでる人のことじゃなくって、これを正義と思い混んで(または言い訳しながら)やってる人々のこと)


平等の権利、自由の権利とか・・聞えの良い言葉を乱発しながら、どろっどろの悪意を発散させて利権に走るだけの人たちと、同じやなあ~と(笑)


さらに・・

日本人は、ルールは絶対に守らないといけないという強迫観念が強い。そしていったん決まったルールを変えるのは、とても苦手なんです。



ううーーーむ

これだと・・・上にいる人が、それこそ「正義中毒」のアホ野郎だった場合は、コロっと牛耳られてしまうことになっちゃうよなあ~。


statecourt.jpg


ワクチン接種にしても・・

こちらの記事でも書いてあったとおり・・・
     ↓
世界で広がるワクチンパスポートの検討とその課題

ワクチン接種は、新型コロナウイルスに感染しても重症化する可能性を低下させるという効果については広く確認されている。

しかし、感染そのものを防ぐ効果や他人への感染リスクを低下させる効果については、なお不確実なのだ。



おそらく、それらについては、各国でワクチン接種が拡大していく中で次第に確認されていくことになるだろう。

つまりは・・言葉は悪いけど、人体実験中なのだよ。

だって・・少なくとも1年、2年かけて作るところを、あれだけ急がせて作ったワクチンなんだし、充分な検証が出来てるわけではないのだから。


そういったことから考えても、私は強制すべきではない、と思うし・・ワクチンパスポートなんか言語道断だと思う。


さらに、NY州をみれば・・ワクチンパスポートを作るウラでは、エクセルシオールパスというもの、また、そのプラットフォームの開発と・・さまざまな利権も絡んでたりするらしいから(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今や、日本も二つに分かれているのかもしれないね~。

アメリカも二分化だけど・・・。


いや、世界中が、この病気のパンデミックを境に、大きく真っ二つに分かれたような気がする。
もともと潜んでいた二極化が、表に現れたってだけかもしれないが・・。


二極化って、もちろん・・こんなことじゃなくって・・・(笑)

nikykuka1.jpg

nikyokuka.png
こっちの二極化だと、根本的な精神面では同じだから(笑)



精神性の二極化が起こっている。

angel-1841177_1920.jpg



おそらく、これが表面化してきた今のところは・・・どちらも絶対に相容れないところだろう。


お化けを信じる人と信じない人とか、現生欲に重きを置く人と置かない人とか、神を信じる人か信じない人か・・・そのくらいの相容れないものがあるかも(笑)



それでも、人の心の中にも常に二極化は存在してると思うのだ。

godanddemon1.jpg

それが自分でも気がつかない奥底であっても。


まずは、二極化があるという・・その存在に気づくことが大切なのかもしれない。


だからこそ、今や世界中ではっきりした二極化が表面に出て来たのだろう。


また、そうであれば・・必ずいつかは良い方向に1つにまとまって、世界全体もまた、良い方向へ動きだす可能性は大なのだ。



さてこここで・・あなたは今、どちらを選ぶのだろうか?

redpill.jpg


これからは、すべてを自分で選択するときに来ている・・と思う。
Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"