FC2ブログ

CPAC トランプ大統領のスピーチ

CPACでのトランプさんのスピーチは、すでに多くの人に翻訳されてアップされていると思う。

まだ字幕をつけたものがみつからなかったので、英語のままですが・・ちらっと最初と最後の雰囲気だけでも、どうぞ。


こららに、スピーチ内容を書き起こしたものがあります。(英語)
     ↓
Donald Trump CPAC 2021 Speech Transcript


それにしても、1時間半のスピーチだよ! それでいて、まったく内容もダレることなし。

どんだけ体力、集中力、気力の満ちた人なんだろう・・。
さすが、本物・大統領だな~。(私の中では、おジジは自称大統領だと思っているので・・それも、茶番劇政権の中で。)


すでに、多くの人たちが、ポイントをアップしてくれていますので、私は内容については詳しいことは触れないことにしますが・・

感想とひとことで言うなら、実に、建設的なスピーチだった。

民主党や共和党といったような派閥を超えたところで話してるんですね。

現状の問題点、これからの国、どうすべきか? どうあるべきか?

それをエネルギッシュに語るから、聞いているだけでも、熱くなってくるし、みんなが勇気をもらえるんだろうなあ、って思いました。


そうそう・・トランプ大統領は、自分の弾劾裁判のときに、共和党でありながら民主党の味方して、弾劾の片棒を担いだ議員さんたちのことを名指しで上げてましたっけ(笑)

これって、自分が悔しい思いしたから意趣返ししてるん?と思った人もいたようだけど・・

これは次の議会で不当な法案を議会で通過させないための、防御策に使ったようです。

ミッチー・マコーネルの件もだけど・・トランプさんが批判した人は、出身の選挙区では人望を失うことになり、議員としての未来がなくなる可能性大になる、ということを十分知った上で、釘を刺したんだと思われます。
次の上院議会で、トンデモ法案を通させないために。

ここらへんのところが、策士だよな~とも思いましたね(笑)


個人的感情からいえば、彼ほど酷い扱いを受けた人はいないわけだし、フツウの人間だったら、怒り心頭か絶望に陥るところ。

ところが、トランプ大統領の凄いところは、そんな個人的感情なぞは超えた次元に持っていってしまうところ。


私には、政治のスピーチというよりも、いかに生きるか?と問われたような気がしてしまいました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

残念ながら、多くのマスコミの記事をみると、ただの政治と政党の思惑に視点を置いただけの記事になっちゃってます。

まあ、いつものことですけど~(笑)

「トランプ氏は2024年大統領選への出馬を示唆」・・という内容に焦点を絞っただけの記事がほとんど。

たしかに、
★新しい政党は立ち上げない
★共和党を分裂させず団結させる

こういったことも、たしかに事実言ってましたけど・・それはなんのために? という話はすべてスルーです。



こちらのTBSの報道なんて・・酷いものですよ~(笑)
     ↓
トランプ氏、2024年大統領選への出馬を示唆

この記事の締めくくりに、こんなことが書かれてましたもん。
    ↓
「トランプ氏はこの支持率を利用して、来年の中間選挙や次の大統領選挙で自らの権力を行使する考えで、今後もアメリカ政治を振り回す存在であることに変わりはありません。」

この記事を書いた人は、全部トランプさんのスピーチを聞いた上でこれを書いてるんかいな?

だとすれば・・よっぽど理解力欠如してる人かと思うし・・

または、完全に反トランプ派であり、自分のイデオロギーを植え付けるための記事としか思えません。


トランプは自分が選挙に負けたことを怒っていて、民主党の悪口言いまくってトランプ支持者を炊きつけている・・という図にしたいんだろうなあって(笑)


こうゆう報道をみるたびに、・・・こんなことを書いてる記者は、おそらく自分が ↑のような思考回路をしちゃう人なんだろうなあって。


もう、そんな次元じゃないんだよ~(笑)


私は、トランプ大統領のスピーチから、清々しい気分、勇気をもらった気がします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トランプさんのスピーチ内容にご興味のある方のために、こちらの動画をご紹介しておきます。

【CPAC】トラさん演説「共和党は団結し、より強固になる」

今回の演説は何が違うのか?演説の三つの重要ポイント(お久しぶりです!)

2021.03.01 【米国】2024年共和党の勝利を宣言‼️CPACトランプ大演説の真意を読み取ります‼️【及川幸久−BREAKING−】


一番驚いたこと

私が最近、一番びっくりしたこと。


日本の予算の使い方なんですが・・こんなこと、ご存じでしたか?

kutsuwaza.jpg
https://sn-jp.com/archives/23773

くつざわ亮治さんという、豊島区議会の議員さんがアップされているものです。


日本の内情をよく知らない私は、これをつい最近、カナダ人ニュースさんの動画から知ったばかり。
https://www.youtube.com/watch?v=bly2IZCGawc



これだけをみても・・日本はやばい!って思ってしましました。。。


なんでNHKが倍以上の予算? 警察や消防、海保よりも・・。

単純に考えても、警察、消防、海保は体張って守ってる人たちのわけだし、しかも機材にだって相当にお金はかかるはず・・と思ってしまう私ですが・・

なぜ、NHKにこんなに予算を割く必要があるのか、ぜひ、その内訳を知りたいところですね~。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前々から、NHKの報道は酷すぎる~と思っている私です。

私はおもにアメリカについての報道をみるくらいですが・・ウソ、フェイク、偏向報道の宝庫ですもん。


これ、絶対に自分の足で取材してないだろ!ってことばかり。

海外ジャーナリストなどといった肩書の人の記事をそのまま載せてるようなものだったり、しかも、厳正なファクトチェックだってされてないのは明白。

それとも、ウソと知りつつも、中共や米ディープステート寄りの記事にしているのかもな~とも、思えてしまう。

そんなクソみたいなものが、命がけで国の為に働く人よりも莫大な予算をもらってるってどーなんよ!


国家予算はもちろん国民の税金から。

そして、国家予算が通ってしまうということは議会が承認するから。



ですよね?

つまり、多くの議員さんたちは、ぜーんぜん国民主体に考えていないってことかと。

国民よりも「自分の党」のイデオロギー優先なのか? それとも金でも絡んでる?(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私には現在の多くの日本人が、NHKに対してどう思っているのかはわかりません。

いまだにNHKは正しいと信じていて、まったく疑っていないのかもしれません。


それでも、この事実を知っている方々は、ぜひ、知らない人々に真実を教えてあげて欲しいなあ、と思います。


今のうちにマトモな方向へ正していかないと・・・

気がついたときには、日本も共産国家になってしまい、正しいものは虐げられ、狂ったものに支配され、あたりにはネガティブエネルギーが満ち満ちた世界になっちゃうかも・・です。


アメリカも今は狂ってるけど・・それでも、声を挙げる人たちは増えてきています。



国を動かすのは、結局は国民一人ひとりなんだと思いますから。(←最近はとくに実感してる)


Ask not what your country can do for you; ask what you can do for your country.

国があなたのために何をしてくれるのかを問うのではなく、あなたが国のために何を成すことができるのかを問うて欲しい。


これは有名な、JFKの言葉でした。

ブレイブハートを思い出させてくれたテッド・クルーズさん

CPAC開催中

この正式名称は、Conservative Political Action Conference 2021のことで、共和党の方々のスピーチ大会です。

トランプさんが最後の日にスピーチするということで、何日も前から盛り上がってたのですが、きょうはテッド・クルーズさんのスピーチを紹介します。


途中からですが、日本語字幕をつけてくださっている動画がありましたので、こちらを紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=7ObQB7CR04E




私はいつも思うのですが、アメリカの政治家やプリチャー(伝道者のこと Preacher)って、ほんとにスピーチがお見事!って人が多いですね~。

あ、何言ってんだかわからんような痴呆症おジジみたいな人もいますが・・(笑)


ざっとポイント部分だけを要約すると、こんな内容です。

★彼らは従来通りのホワイトハウスにしようとして、トランプを追い出しにかかった。
ところが、みてごらんよ! その結果、今では逆にトランプ支持者が爆発的に増えてしまってる。

★昔の共和党は、リッチピープルの経営者たちの集まりと思われてたけど、今では誰よりも、汗して働く人々の為の党だ!

★ビックテックの報道規制は酷い、だけどあなたはプラットフォームを持っている。あなたはソーシャルメディアを持っている。あなたにはあなたの友人、あなたの隣人、あなたの家族、あなたのクラスメートがいる。 さあ、自由のために声を上げよう!


最後に、ウィリアム・ウォレスの言葉、フリーダムと叫んで締めくくりました。


こちらに、スピーチの全文を書き起こしたものがあります。(ごめんなさい。 時間がなくて日本語訳にはしてませんが。)
Ted Cruz 2021 CPAC Speech Transcript February 26

さらっと古典や映画などからの引用も使いながら、力づよい、人々に勇気を与えるようなスピーチ。


観客は、スタンディングオベーション(笑) 
まるで、政治の大会というよりも、最高のショーでもみているカンジで。

B-tblZQUAAAtgaD.jpg

ブレイブハートのこんなシーンを思い出してしまいました。

普遍的な善悪

先日のこと、アメリカ最高裁は2020年アメリカ大統領選に関する一連の訴訟の審議を却下。


アリゾナ州、ジョージア州、ミシガン州、ペンシルベニア州、ウィスコンシン州の5つの州で、トランプさん及びトランプ陣営によって異議申し立てをしていた件です。

●ジョージア州・・リン・ウッド弁護士が州務長官ラッフェンスパーガに対する告訴

●ペンシルバニア・・・下院マークケリーが知事を憲法違反で告訴

●アリゾナ州の不正な選挙結果

●ウィスコンシン州に対して、トランプさんが告訴

●ドミニオン機における不正




まあ、こうなるかもな~と予想はしていましたけどね~。

だって、12月のテキサス州が起こした憲法違反を訴えに対しての最高裁の決定をみていればわかる結果。

憲法違反があろうがなかろうが、他州のことなので関係ないから受けつけられないってされちゃったわけだから。

その話の詳細はこちらにアップしています。
アメリカの前代未聞の進展

トランプさんという人物は?



このときも、呆れちゃいましたね~。


他州のことなので関係ないって・・
関係ないわけないだろ?


選挙結果に大きく影響するわけで、アメリカであるテキサス州が関係ないって?
憲法についても・・関係ないって?



そして今回やっぱり・・すべて却下というわけです。


最高裁判事は以前にも説明したとおり、9人います。
審議するかしないかは、最終的には9人の票数で決定されます。


公平な立場を取らなければならない最高裁判事ですが、いちおう、共和党派と民主党派に分かれている。

それは、最初にどちら側の推薦で最高裁のメンバーになったか?ということで、いちおう分類されるからだ。

_115085073_trump_balance_of_power_640_3x-nc.png
赤〇の人が共和党、青〇が民主党と言われている。

最高裁判事のガバノーとバレットは共和党、しかも、この二人はトランプ政権のときにトランプさんの推薦で入ったはずなのだけれど、それでも反対票を投じたのだ。

そのため、全体の票から「審議しない」という決定になったというわけですね~。


その理由は下記のとおり

●アメリカ大統領選挙はすでに終わったので審議しても意味がない


はああ? それを言うなら、なぜ大統領選挙前に審議しなかったんかね? 12月から提出されてたってのに~!



はいはい! そのときの理由は、このように述べられたんですよ~。
     ↓
●1月20日の大統領選が決まる前に、最高裁は受理する立場でも審議する立場でもない。


はああ?


ようするに・・
やらないって決めたんだから、やらないんだ~! 関わりたくない!ってことのようだね~。


sertou.jpg


これって・・・泥棒が盗みを働いてる最中にはウチラが審議する立場じゃないからと言って拒否し、盗まれてしまった後には、もう盗まれてしまったんだから今さら審議したところで始まらない!・・・と拒否するようなもんじゃないかね?

satuzin.jpg

人が殺されてしまっても、殺されちゃった人は生き返らないから、いまさら仕方ないだろう・・と言ってるようなもの。


ご存じのように、裁判では常に「前例」が重要視される。
これは、日本でもアメリカでも同じだと思う。


ましてや最高裁の決定は州裁判所の手本にもされることになる。

これでは、「今後、窃盗・殺人が起ったとしても審議しなくてもいい」という前例を作ったことになってしまう。



彼らは、トンデモ理論の屁理屈をつけて審議を却下してしまっているのだ。

ペンシルバニア州で問題票は1万票だったし、それの程度では選挙結果には問題ないから審議する必要はないとか・・・。


ん? 盗まれた額が1万円程度だったら罪にはしないどころが審議する必要もないってか?
泥棒も額によっては罪にならないってことかいな?


三権分立は終わった~!



たとえ、どんなに共和党・民主党といった派閥や議会の中で、トンデモ理論がまかり通ってしまったとしても・・

裁判所は正義を通すところだ。

そこは、イデオロギーや個人的感情は抜きにした視点から遂行すべき場所だ。


場所だったはず・・

ところが、いつの間にか違ってしまっていた!
これでは、完全に共産国家になり変わってしまっている。


アンタら、もう、こんな神聖な黒いローブ着る資格もなきゃ、聖書に手を置く資格もないわな。

Sacred robe


しかも怖いところは・・・誰もが気づかないうちに、じわじわとこうなってしまってた・・ということ。

これでは、もうアメリカではない!



時代の流れとともに人の考え方も変わり、正しいこと、悪いことの概念だって変わっていく。
正しいか悪いかということでさえ、きっぱりと二元論では割り切れないことだってある。

そんなことは重々理解している。


それでも、人の世界には、どんなに場所が変わろうが時代が変わろうが、普遍的な善と悪は存在していると思う。


自分のエゴから行なってしまう窃盗や殺人は悪でしかないし、他者に被害を及ぼすことは悪でしかない。


今や、そんなシンプルなことさえ理解できなくなってしまってる裁判官がいるということだね。 それも最高裁判事が!

彼らはむしろ、自分が正しいことを行っていると思っているのかもしれない。



みんな狂ってる


そんな中でも、ちゃんと正気を保っている人だっている。

クラレンス・トーマス判事
   ↓ 
clarenceT.png


彼はこのような声明を出しています。

cite as 592 thomas

いったい、この裁判所は何を考えているのだろう? 私たちが選挙前にこの論争を解決することができなかったため、曖昧なままにしてしまい、今また、私たちは再び将来の選挙のための明確なルールを提供することができていない。 
選挙法の疑念を渦中に隠しておくという決定は不可解だ。  何もしないことによって、私たちは有権者の信頼を失い、さらなる混乱と侵食を引き起こすことになる。 私たちの仲間でもある市民は、私たちに期待し、またそれを当然受けるに値する人々です。
私はここに敬意を表して反対します。




みんながどんどん狂っていく世界の中でさえ、ちゃーんと正気を保っていられる人だっている

それは大きな救いでもあり、私たちに勇気も与えてくれることにもなる。


最も基本的なこと、最も大切なことを失ってしまったら、この世に誕生してきた意味はないのだから。



<参考>
Justice Thomas Dissenting

SUPREME COURT OF THE UNITED STATES REPUBLICAN PARTY OF PENNSYLVANIA

Supreme Court Rejects Trump Election Challenge Cases



アメリカの今後はやっぱり明るい

最近アメリカの状況を心配してる方が多いようで、もう、アメリカは終わりだ~、ダメだ~と嘆きのメールをいくつか頂いた。

たしかに、今までのさん政権とはマ逆の方向へ突っ走り、やたらに大統領令の大量生産がされ続けてヘンなことばっかりやらかしちゃってるからね~。

そういえば・・今、大統領令っていくつ出たんだ? もう50は超えたのか? 


つい、ほやほやの3-4日前に出た大統領令は、トランプさんが2017年に作ったアプレンティスブログラムを廃止だった。

Biden rescinds Trump-era industry apprenticeship program

アプレンティスプログラムというのは、2017年に失業者を減らし雇用を増やすために、トランプさんのとった政策の1つ

ざっくり説明すると・・・

企業側も人材の募集をしているし、就職を望む人だっていっぱいいる。
でも、両者がなかなかマッチングできないのは、企業側は専門的な仕事をこなしてくれて即戦力となってくれる人材が欲しいのに、なかなか、そこまで専門的なことができる人材がいない。

それなら、実践で使える教育プログラムを作ってしまおう!ってことで出来たものが、アプレンティスプログラムだった。

いわゆる職業訓練所みたいなものといっていいだろう。



もちろん、その当時からアプレンティスブログラムはあったのだけど・・それは、いずれも政府によって作られたものであって、民間企業によって作られたプログラムではなかったのだ。

それがうまく機能していなかったというこは、実際には企業のニーズには合ってないプログラム、つまりは”使えないようなプログラム”だったのだろう。

それを実践で実践で使えるプログラムにするためには、現場を知らないお役人が作るよりも、民間企業にプログラムを作らせた方がいいだろう・・とさんは考えたようだ。

これによって結果は、企業側も就職希望者も、どちらにとってもWin-Winとなったのだ。

これは、雇用政策のほんの一部ではあったけれど(他にもいっぱいやってたからね~)、これが功を奏して、実際にトランプ政権のときには、今までにないほどアメリカの失業率が改善されたことは言うまでもない。




それを、なんでまた自称大統領が、大統領令まで出して廃止しちゃったのか? 

その理由は、各企業が作ったプログラムなんかロクなもんじゃない! やっぱ政府が作ったものじゃなきゃダメ~!なんだって。

バカバカしくて、ツッコミ入れる気もないわい!


自称大統領と自称副大統領の二人が、やってることは、ぜーんぶ前政権のやったことをぶち壊すこと。
良い政策だろうがなんだろうが、そんなこと関係無しに!

ただ、ぶっ壊す! 全否定からはじめる・・という政策らしい。

ったく・・どこまでネガティブなんだよ!て思う。


さっすが 易姓革命の国の考え方だわ~(笑)

古くから中国の思想に易姓革命という考え方があり、「過去政権のものは全部ぶち壊すことから始める」というのを、こちらのブログ記事でも説明したことがある。 → 帝王学・易姓革命そして古代中国



さらに、なんでも政府中心・・という国家の権威を中心にするって考え方でもあるわけだね~。


そうゆうことを、ガンガンやり始めているのだ、このお二人さん
   ↓
AP20234179899351.jpg

これじゃあ、せっかく前政権が成し遂げてきたことのすべてを台無しにしてしまう・・と心配になるのもムリはない。


私も、全く心配はしていないといったらウソだけど・・それでも、それほど悲観的にはみてはいない。


だって、あのお二人さんと、そのお仲間連中のやってることが、あまりにも幼稚でお粗末だから。

ダブルスタンダートてんこ盛りで、ミエミエのウソが多い。

え?この間言ってたことと違うんですけど~、も、あり過ぎるほどある。


今や、中央議会でも州政府側からでさえ抗議の声があがってきている。


唯一、私が一番やっかいだなあと思うのは、メインのメディア、相変わらず報道せずにスルーしまくってるから。

それでも、ここまで幼稚でお粗末過ぎると、さすがに隠しようがなくなってきてるんじゃね?と思う(笑)


この間の弾劾裁判の茶番劇も、CNNでのおジジの長いインタビューでも。

私、この間のおジジインタビュー全内容のスクリプトを読んだものの、意味不明の箇所がいっぱいあって理解不能で・・わからん箇所が実に多かった。

Joe Biden Wisconsin CNN Town Hall Transcript February 16

ネイティブの人に見てもらったところ、「こりゃ、誰にもわからんよ!相手のアンダーソン・クーパーだってわからなかったと思うよ~。 言い間違いが多い上、話がぶーんと勝手に飛んじゃってトンチンカンな答えだし~、よくこんなぼけ老人の戯言を、最後まで読んだもんだね~!」と言われてしまった。。。



そーんなレベルなんですよ~!

最近の私は、いっそのこと、その調子で、キミたち、ガンガンやっておくれ~!って思う(笑)
やればやるほど、隠しようがないほど明るみに出るから。


実際に、トランプ大統領弾劾裁判の後、トランプ人気はぐーんと上がっていったのだ


「歴代の大統領の中で一番優れているのは誰?」というアンケート調査が、毎年プレジデントディの祝日に発表されるのだ。

共和党は、かつてはドナルド・レーガン大統領が史上最高の大統領とされていたのだけど、現在はトランプさんと完全に逆転してしまった。

bestpresidentadata.jpg
Republicans used to call Ronald Reagan the best president in US history. Now it’s Donald Trump.


ちなみに民主党ではバラク・オバマがいまだにダントツ一位だし、派閥抜きで全体からみた結果は下記のとおり。
     ↓
whowasbest.jpg

オバマ、リンカーン、トランプという順だ。

あれだけメディアに叩かれ続けて嫌われてるはずのトランプさんが、それでも3位にいる??

逆にあれだけメディアに持ち上げられ、民主党のイメージ操作で祀り上げられたオバマとの差がそれほどでもない?(笑)

こちらから詳細なデータはみられます。
   ↓
Republicans used to call Ronald Reagan the best president in US history. Now it’s Donald Trump.


なーんとなく、現状の民意が垣間見えるようなデータかもしれない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ずいぶん前になるけど、私が自分でパワーストーンのブレスレットを作るようになった頃に「膿だし」という言葉を知った。

fc2blog_20210222233413b01.jpg


それは、ある小さな会社(パワーストーンを製作販売してる会社)のブレスレットには、膿だし現象が出ることがある、という話からだった。

パワーストーンブレスは、自分の目指す方向へ向かうのを手助けをしてくれるツールなのだけど・・そこへ向かうプロセスとして、少しばかり悪いことが先に起ったあとで、本来の方向へ向いていくようになるというもの。



ちょうど同じ時期に、私の母がひどい体調不良に陥っていた。 

悪いところだらけで、とうとう歩けなくなってしまい、私はもう死を待つばかりだ~と弱音ばかりを吐いてる母に、「いっそのこと、今まで飲んでる薬全部やめちゃえ!」と、私はかなりな過激発言をしてしまったことがあった。 その当時の母は10種類くらいの薬を毎日飲み続けてたからね~。

薬をやめたら、すぐにひどい下痢に襲われて2か月くらい、ほとんど何も食べられないような状態が続いたという。


しかし、それが過ぎたら、悪いところのすべてが、ケロっと治ってしまった。 しかも、ダイエットのおまけつきで。(かなりのデブだった)

それからというもの、完全に健康体に戻ってしまい、今では、私って幸せよね~♪と、幸せ自慢をされているほどだ。

まさしく、あれが母にとっての膿だし期間=下痢することで体中の悪いモノを出してた時期
だったと思う。


怪我をして細菌に感染しまったときは、化膿して膿みが出ることでキレイに治っていく。


それは誰でも知っている体のしくみ、自然の摂理。


そんなことがあってから、私は何事にも「膿だし」は必要なんだなあ~と思うようになった。

悪いものが溜まってるなら、まずは出さなきゃ、本当にいい方向へは向えない。


私たちの体も、生き方も、また、政府においても・・同じなんじゃないかなと。


1か月くらい、さんは、フロリダ、パームビーチのMar-a-Lago(トランプさんの別荘)にこもっていたけど、ようやく彼も始動開始のようだ。


私は、今までにもトランプさんのTwitter,や発表されたステートメントなどは、頻繁に見続けてきたのだけれど・・

彼の言葉、文章、彼の存在そのものに、いつも明るい力強さを感じる。


夕暮れのフロリダであってさえも、トランプさんのいるところは、なぜかいつも明るく感じる。

e6ba725d22ed9bbd9266c5e58c70d427.jpg

たぶん・・それは、心の底に、ネガティブさがまったくないから・・・だろうか。

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"