FC2ブログ

アメリカ料理はBBQにはじまりBBQに終わる

アメリカ料理で美味しいものを教えてください!と・・言われた。

うーーん? 
あくまでも、私がアメリカに住んで美味しい~と思ったものでよければ・・。

●バーベキューリブ
gettyimages-563545967-1024x1024.jpg

もともとは、家庭のバーベキューパーティー(July4thの祝日のBBQ)で作るものだったはずだが、今では専門店も多くある。

アメリカ人はBBQリブが大好き。

大好きなはずだ~! めっちゃ美味しいから!


日本人旅行者は、アメリカに来たんだしステーキかな? 肉を食べに行きたい!という人が多かったんだけど・・それは認識違い!

アメリカ=ステーキというよりも、アメリカ=BBQリブなのだ。

そうゆう方を案内するとき、私は必ずBBQリブの専門店に連れて行く。

その結果、みんなに喜んでもらえている。

「うわあ、こんなに美味しいステーキ食べたことがなかったです。 さすがに本場アメリカですね~。」

おいおい! これはステーキじゃないんだってば!

リブは、牛さんではない。(ビーフリブというのもあるけど、リブはブタで作った方が断然美味しい。餃子が豚肉であるように・・)
ブタさんなのだ!

上の写真は1人前。 サイドは自分で2品まで選べる。
サラダは別にオーダーして、みんなでシェア。

これに、店オリジナルの「焼きたてガーリックロール」がお代わり自由でついてくる。

garlic-butter-rolls-free.jpg


多くの日本人の方々は、「こんなに大きなもの一人で食べきれないよ! 1つをたのんで一緒にシェアしませんか?」という。(笑)

ジョーダンじゃないよ!

「私は一人で全部食べたいんで、シェアは出来ません!」と、お断りする。(笑)
「もし食べきれなければ、残りは持って帰れますよ。」

するっと、ちょっと嫌な顔をされたりするんだけど・・

サイドに選んだ、トウモロコシがメチャメチャうまいし、コールスローだって手作りで旨い!

それらを、ビール好きはビールで流し込む。



結局、量が多すぎと言ってた人も、全部平らげてしまう。

不思議なもんで・・全部が美味しければいくらでも食べられるってことかもしれない。

また、リブは真ん中部分が骨なので見た目より、ずっと量的には少ないのだ。

どうしても食べきれなければ、お持ち帰りすればいい。
持ち帰ったリブをほぐしてサンドイッチで食べるのも😋




ただし・・リブは店によって、地域によって、レシピも違う。
テキサススタイル、ルイジアナスタイルとか・・色々ある。

いずれにしても、決め手は「ソースと肉の焼き方」にあるので、美味しいところは際限なく美味しく、マズイ店は死ぬほど不味いということも覚えておいた方がいいかも(笑)


決してどこでも旨い!ということではない!!
だけど、アメリカは人種に関わらず、誰もがリブ好き、自分スタイルのリブがある(笑)


そんなわけで・・BBQリブだけは、美味しい店を聞いてアメリカで食べるに限る!

**美味しいBBQリブの見分け方として、骨から身を崩したとき、骨に身がくっつくことなくキレイにぽろっと剥がれるようなら焼き方成功。 まず美味しい!



昔、日本に来たアメリカ人に気を利かせたつもりで・・アメリカ料理の店に連れていってあげたことがあった。
そこで、出されたBBQリブセット(1人前)が、こんなカンジのものだった。
    ↓
IMG_1198-2 (1)

明らかに、がっかりした顔をされて、ほとんど手を付けてもらえなかった・・・・。

自分がアメリカに住むようになって・・今や、その理由がよーーくわかる!
大変申し訳ないことをしてしまった。

アメリカ人旅行者には、基本・・日本のアメリカ料理店に連れて行ってはいけない!


●カウンティーフェアの屋台

これは夏祭りのこと。 だいたい8月下旬~9月初めに、各地で催される。

日本の夏祭りのように、御神輿はないけど、移動遊園地のような観覧車があったり、コンサートや様々な露天が出る。
いわば、各地の農家さん、酪農家さんなどの収穫祭みたいなものだ。

なので、家畜動物も多くみられる。
big-barn.jpg

ブタさんレースがあったり・・

e896ac6f55ef91c2dc19e6fe5a759d51.jpg


家畜の品評会を兼ねていることもある。
08-12fair_sale_beef.jpg

なんといっても、このときの屋台の食べ物が美味しい!

それを目当てで来る人も非常に多い。

まずは、
★ターキーレッグ

7743508132_756a05ba48_b.jpg

これを手に持って豪快にかぶりつく。

IMG_6037-1tq7b0b.jpg


turkeyleg big


テキサスサイズって・・もっとデカいんかい? 
DmNI9VWV4AAQGgZ.jpg


★オニオンブロッサム

bloomed onion

大きなオニオンを花のように開いて、バターミルクにさっとつけて揚げたもの。

これがまた、ビール好きにはたまらないらしい。。。

★ローステッド・コーン

2cornking0831.jpg

皮つきのまま焼いただけのとうもろこし。

なのに、カウンティーフェアで食べるとこもろこしだけは旨い!
最近、どこに行っても美味しいとうもろこしは少ない。

アメリカのトウモロコシはほとんどが、GM、遺伝子組み換えと聞いている。
でも、カウンティーフェアで提供されるものだけは別なんだろうか?

これを溶かしバターで食べる。(私としては、これに醤油も少々欲しいところなのだが・・(笑)
さすがに、醤油は置いてない。

roastedcorn.jpg

★ファネルケーキ(Funnel Cake)

Mexican-Funnel-Cake.jpg

ファネルとは漏斗のこと。

これに生地を入れて油であげて・・

funnel-cakes4.jpg

これがベーシックなもの、つまり・・ドーナツ。
19759766000_5fafecf0c8_o.jpg

それに、好きなトッピングをしてもらう。

イチゴ、バナナ、チョコレート、ホイップクリーム、ナッツ類など。

私のお気に入りはホイップクリームといちご。
    ↓
funnelcake.jpg

日本人からは、「すごく油っぽくてしかも超甘すぎでしょ!」と言われるのだが、

カウンティーフェアでは回転が良く油も新しいのを使うせいか、近所のドーナツ屋のドーナツよりもはるかにさらっとして旨い。
こちらのドーナツ屋よりも、甘くない(笑)
KrispyKremeLogo350_170131327_std.jpg

しかも、アメリカのイチゴはもともと酸っぱいので、ホイップクリームをたっぷり乗せてちょうどよいくらい。

まだまだ、カウンティーフェアの屋台は色々あるけど、代表的なものはそんなとこかな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんなところが、私のお勧めの「アメリカらしいアメリカ料理」でもある。

あれ~!

アメリカ「料理」とは言えんよなあ~。

どれも、BBQでジュージューと、スモークされたり焼いたものだし・・

または、油で揚げたものだし・・

あまりにも単純すぎる(笑)


あまりにも単純すぎるものこそが、アメリカ料理なのかもしれない。

しかも全部、庶民料理ばかりだ。
本来は、家のBBQで作る家庭料理ばかりだ。


お上品な料理は一つもなく、老若男女、手づかみで大口を開いて食べるようなものばかり(笑)

こんな単純料理ではあるけれど、ところが、誰でも見よう見まねですぐ作れるものでもない。

どれも火加減1つで大失敗にもなりかねない料理なのだ。

リブは表面はカリカリでスモーキーな香りがあって、中の肉はあくまでもジューシーで旨味がなくっちゃならない。

中には、ぐにゃとした歯触りで肉臭くてまずーいリブもあるし、オニオンブロッサムもファンネルケーキも油っぽくてぐんにゃりしてしまったら、食べられたもんではない。

BBQリブにも、さまざまなレシピがあって、1時間水につけておくとか、ウチは一晩漬けこむとか・・最初はフタして蒸し焼きにするとか・・実にさまざまな手法が各家庭によってあるらしい。

単純そうに見えるけど結構センシティブだったりする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

旨く作れば、たしかに素晴らしく美味しい料理の数々だけど・・それでも、アメリカ料理は日本人には敬遠されるのかもしれない。

まず、基本的なコンセプトが違う。

一般的アメリカ人にとっての料理とは、

味が旨い!こと。
量はたっぷりあること。 (どんなに美味しくても少ない盛りつけはアウト)


それ以外のことにはこだわらない。 店も客も(笑)

日本人が大切にすることは、味もさることながら、盛り付け方や彩りに気を配る。
見た目が悪ければ、食欲さえわかなくなってしまうのが日本人なのかもしれない。


アメリカ人の庶民感覚は、

旨いことが一番、そして、たっぷり量があって、しかもフレンドリーなウエイター・ウエイトレスだったら最高なのだ。


求められることは、おそらく・・この3つだけ。
食事はアートとは別物!と思ってる。


量がたっぷりあって食べきれないときは、ほとんどの人がお持ち帰りする。
家で待つ人のために・・または、ちょっとアレンジして明日のランチにすることだって出来る。

ここが・・すごく不思議なとこ、
日本では、お持ち帰りできるレストランは非常に少ないと聞く。

食中毒などで訴えられると困るからだそーだが・・なぜ、なんでも訴えちゃうようなアメリカの方で、料理は持ち帰りOKなんだろう?




さて、そうすると・・アメリカには美しい料理はないのか?というと・・そうでもない。
都市部であれば、彩や盛り付けの美しい、創作料理のレストランも多く存在する。

こちらは、Japanese Sushibar スタイルの店。
    ↓
Nobu-sushi-bar-640x443.jpg
https://www.cruisington.com/putting-nobu-to-a-new-test-on-crystal-serenity/


こちらは、フレンチスタイルの創作料理のレストラン。

frenchLaundry3.jpg

ratatouille01.jpg

https://www.thomaskeller.com/tfl

たしかにこういったお店は素晴らしいんだけど・・でもなあ、アメリカっぽいって言えるのかなあ?

こんな高級レストランならば日本だってあるし・・世界中どこいいっても、高級になってしまうと、あまり代わり映えしなくなる。


しかも当然ながら、こういった店に行くには、それなりのお値段はする(店によるけどお一人様、200ドル~500ドルくらいするかも。)



一人50ドルくらいで、おしゃれで器にも凝った美しい盛り付けをしてくれるところは滅多にない(笑)

ところが日本だと、1000円のランチ定食であっても、キレイに盛り付けられてたりする。

美的センスにもこだわる美しい日本・・・だけどなぜか日本はメチャメチャ量が少ない。(日本人は食が細いんだろうか?)

同じ東洋人の中でも日本は料理の量が少ないことで有名な国だ。


私も若い頃、日本にいた頃、友人とステーキのフルコースを食べに行って、帰りにラーメン屋でラーメン・餃子にチャーハンを食べて帰ったことがある。
また焼き肉屋にいったときもお腹いっぱいにならず、友人と焼き肉屋のハシゴをしたことさえある。
週3日ジム通いで週末乗馬レッスンででカロリー消費してたんだろうと思うが・そもそも私が大食漢なのかもしれない(笑)

それにしても一般日本人の胃袋は小さいのだろうーか?



ロサンゼルスに、ローリーズ(Lawry's)というプライムリブの専門レストランがある。
日本人観光客がメチャメチャ多いことでも有名な店だ。

そこでは日本人観光客に対応するように、ものすごく小さいサイズのプライムリブを提供するようになったそうだ。
どこかの日本の旅行会社が、そこをロサンゼルス観光に入れるため、小さいサイズのセットを依頼したのが初めだとか。


これが、カリフォルニアカットと呼ばれる一番小さなカット(主に日本人ご用達といわれる)
    ↓
lawres.jpg


日本で食べるロースト・ビーフがこんなものだったような気がするから・・まあ、日本人にはフツウなんだろうけど・・

薄ーくカットしてしまうせいか肉がマズイ! 旨味が出ちゃうからなのか? それともこの店のがそもそも旨くないのか?
しかも、この薄~い肉に、このソースが合わないよーな気がした。

もうずいぶん前に一度だけ、ローリーズに連れていってもらって、この小さなカットを食べさせられたのだが・・・

正直いって、美味しいと思えなかった。
肉の臭みさえ感じてしまって、ちっとも美味しいとは思えず、残してしまった。


「小食なんですね~」
、と言われ・・「はい! 私、どうも食が細いほうで申し訳ありません。」と誤った覚えがある。


私が通常食べるプライムリブはこのくらいの厚さ。
second-to-largest-cut.jpg

これを、さっと食べる直前に表面をあぶってもらって、ホースラディッシュで食べる。
または、大根おろしと醤油で食べる(←特別注文を聞いてもらえる店でお願いする)

旨い肉には臭みはない!
むしろ、食欲をそそる香りがある。



こうなると、底なしにいくらでも入る!😋


美味しく食べるには量の問題ではなく、カットの仕方や厚さの問題も大きいように思う。

このくらいの厚みがあり、しかも骨付き肉の方がジューシーで旨味がたっぷりなのだ。

それを、大根おろしで食べたりすると、びっくりするほど食べられてしまう。(←最近の私はかなり小食になってる)
こうゆうときは肉を主食にして、サイドメニューを少しずつ食べる。


こんな幸せを、ほとんどの日本人観光客は知らないんだろうなあ~と、つくづく思う。

そして、日本に戻って「アメリカ料理ってやっぱりそれほど美味しいものはなかったよね~」と、残念な発言をすることになる(笑)


こうゆう人達には、ぜひ一度、

ターキーレッグや焼きトウモロコシ、BBQリブ、分厚いプライムリブやTボーンステーキなどを食べて欲しいなあ~って思う。

そう、ぜーんぶ、庶民の味ばかり。

気取って食べるものは何一つない。

たぶん・・そうゆう国がアメリカなんだろうな、って思う。

サンクスギビングデー 2019

きょうから、Thanksgiving holidayで、本日木曜日から日曜までお休み!!

アメリカでは1年中で一番のハッピーホリデーってわけです!!

おそらく午後3時ごろから食料品店もクローズされるだろうし、私も朝一番で買い物に出かけた。

遠くに住んでいる人もこの日ばかりは帰省して、夕食は家族全員が集まってサンクスギビングディナーをするのが恒例。

thanksgiving-party-games-family.jpg

まあ、日本でいうところの「お正月」みたいなもんですかね。

メインディッシュは、もちろん、ターキー。

大家族が集まる家は、このくらい大きなターキーをブロイルするんだろうし・・
Flying-Pig-Turkey-1.jpg

2-3人の家ならば、キャセロールに入れてこんな作り方もできる。

20121109-turkey-breast-stuffing-01.jpg


そして、ターキーといえば、クランベリーソース

これも、コトコト煮込んで作る。
cranberry-sauce-horiz-a-2000.jpg


私はクランベリーよりも、グレービーソースの方が美味しいと思うし・・しかも、ちょっぴり隠し味に醤油を垂らしたものが最高😋

だが、クランベリーソースは昔からの伝統的なスタイルなので、それにこだわるお年寄りも多い。


グレービーソースは、こうやって作る。
gravysouce.jpg

マッシュドポテトとターキーにかけて食べる。
turkey-gravy-57.jpg


ああ、とにかくターキーは旨い😋のだ!!
それぞれの部位によって味も違うし、さまざまに楽しめる。

皮はキツネ色にパリパリ、中はジューシーで、あっさりしていながらコクのある味わい。
(作り方失敗すると、外はぐんなりで、中はパサパサになっちゃうけど・・)


サイドメニューは家庭によってそれぞれ。 東部、西部、南部といった地域にもよっても違う。

左はスイートポテト(さつまいも)で、右はブリュッセル(芽キャベツ)のガーリック風味
thanksgivingside.jpg

こちらはズーキー二・・軽くオリーブオイルを塗ってグリルするだけ。
Grilled-Zucchini-w-Garlic-1.jpg



黒人家庭ならば、必ず出てくるのが、カラードグリーン
   
CollardGreensandSmokedTurkey.jpg

げ! ちっともグリーンじゃないし~、色汚いしクタクタだし・・と思ってはいけない。

これがまた、ベーコンの風味で野菜のえぐみが消えて、旨味だけが凝縮して超旨いのだ。
(もちろん、これも作り方なので・・死ぬほどまずいカラードグリーンを食べたこともある)


メインはターキーでも、サイドメニューやデザートは各家庭によってそれぞれなのだ。

日系人の家では寿司をつけるってとこもあるし、スペイン系の家でも米はかかせない。

デザートはパンプキンパイだという家もあれば、ウチは絶対チーズケーキだ!というとこや、いや、パンプキンチーズでしょ!と、主張する人もいる。(まあ、それぞれ)
   ↓
これがパンプキンチーズケーキだとか。 レイヤーになってるらしい。
double-layer-pumpkin-cheesecake-spice-with-shortbread-pecan-crust-1-12.jpg


これらを手作りするわけだから、午前中から家族総出で大忙しになる。


いよいよ、ディナータイムともなれば、

各自お皿を持って好きなだけ、好きなものをとってきて食べるというのがアメリカンスタイル。
(日本と違いはお皿に盛り付けて出すということはしない。)

GettyImages-9260701141-8913b3a18b7e4fa597c64757286acb64.jpg

アメリカのどこの家庭のディナー招待されても、みなこのスタイルだった。

給仕する側に回る人というのがいないので、全員がテーブルについて、よく食べよく話すことができることは利点かもしれない。


ああ、ほんとーに私ってアメリカ人に生まれて幸せ~♪(←違うだろーが!)

アメリカに住むようになって、本当によかったな~と思うことは、私にとって食事だ。

とくに、

肉が旨い!
パンが旨い!

日本の場合は、肉もパンも柔らかいことが一番と考えるらしいが、こちらでは味重視なのだ。

ファーストフード店で作ってもらうサンドイッチでさえ、「チキンはダーク(もも肉)ですか、それともホワイト(むね肉)がいいですか?」と質問されるくらいだ。

fire-roasted-chix.jpg

パンの種類も豊富
types-of-bread-1024x683.jpg



バケット、ベーグル、ブリオッシュ、パニーニ、フォッカチャ、スコーンとさまざまだし・・

黒パン、ライムギパン、サワードブレッド(サンフランシスコ名物だとか)、ホワイトブレッドなど、それぞれの料理に合ったものを組み合わせることができる。

こちらは日本の食パンに似てるけど、
1200px-Anadama_bread_(1).jpg

ちゃんと小麦の味と香りがする。


日本の食パンは、モチモチ感と柔らかいフワフワ感を出すように作られているけど、小麦特有の香りも味も無いことが多い。
(とくに大手メーカーで大量生産されてる食パンの場合)


私は日本のパンが苦手になってしまった!

ふにょふにょしてて、生パンでサンドイッチでも作ろうものなら歯の裏にくっついて気持ち悪いし・・なによりも小麦の味と香りがしないことが不満だ。

これじゃあ、パンの種類と具の組み合わせなんて考える必要さえない。 どのパンだって全部一緒だろ-が。


そうそう・・こちらにも、大量生産されてる安物食パンだってある。


ちなみにこの大きさで、安いものだったら1ドル程度で買える(←ビンボー大家族の強~い味方)

a-shopper-buys-a-loaf-of-bimbo-brand-white-bread-in-a-supermarket-D1K203.jpg


安物食パンで作るサンドイッチは、トーストにするのが定番。
SD-Texas_Sand-sk_e5qfwy.jpeg

たとえ安い食パンでも、ジューと鉄板で焼いて作ったトーストはそれなりに美味しくなる。
パンはカリカリの食感を楽しみ、中身をたっぷりはさんで、大口開けて食べるのが定番のサンドイッチ。

フワフワもちもち感が求められないのは、お国柄の違いかもしれないが・・


日本のパンって一体、何が入ってるんだ?と調べてみたら、こーんなふうに作られるらしい。(一般的な大手メーカーで作らるパン)
      ↓
パンに含まれる食品添加物一覧 | 添加物の危険性


・・・・・・・・・・・・・

ふと思うのだけど・・

アメリカ人はインスタント料理ばっかりで日本人は手作り料理をする・・ってのは、違うかもな~!って、アメリカに住むようになって感じるようになった。

たしかにアメリカ人は忙しいとき、気分が乗らなきゃ料理しない。
テイクアウトにしちゃったり、外食しちゃったりするけど・・やるときは、全部手作りすることの方が多い。

また料理する人のしない人は差もはっきりしてる(笑)


日本人は全体的に手作り料理をするようだけど・・

手作りといっても、○○の素だとか、簡単電子レンジでチンとか・・簡単に出来る料理がメチャメチャ多いように思う。

クリスマスケーキを手作りする人って、あまりいないようだし~、だから、あんなにクリスマスケーキが売れるんだろうな~って思う。

日本の大手メーカーのクリスマスケーキは、添加物まみれで20日以上前に作り置きして冷凍保存しておくとか。
だから、クリームも型崩れしないし、スポンジ部分もふかふかでいられるそうな・・



さきほど、こちらのブログ記事を覗いていたら、
福田元昭の「さくらの木になろう」

こんな写真が掲載されていた。
    ↓
ebara.jpg

chips.jpg

そーなのだ@

日本食品を日本から輸入して売ってるスーパーマーケット(とくに日系スーパー)があるんだけど・・

こういった日本の食品には、アメリカでは許可されていない(危険とされている)添加物が多く含まれてることが多い。

ちゃんとここまで大きく表示をしているスーパーは良心的な方だと思う。
(もっとも、健康被害で訴えられたら困るから表示せざるを得ないんだとも思うけど・・)


アメリカの場合、裏には必ず事細かく何が含まれているかが表示されているし、オーガニック表示が使えるのは、USDA(アメリカ農水省)によって認められたもののみ。(USDAの認定を受けるには、かなり細かくチェックされるらしい)

消費者はちゃんと裏のラベルを見てから購入する人も多い。

ところが、日本では、そこまで読んでから購入する人はむしろ少ないと聞く。
むしろ、そんなことまでしてる人は、「健康オタク」とバカにされるなーんて話も聞く。


つい最近、日本土産でもらったお菓子

lqip.jpg
https://gourmet-note.jp/posts/3892

色々な味の種類があるようで、私が貰ったのは、コーンポタージュ味とタコ焼き味だった。

さくっとして良い歯ざわり、コーンポタージュの味が見事に口いっぱいに広がる。

わお! これはすごいと思ったのだが・・

後味がものすごーく悪い。
なんか、奇妙な不自然な甘さが残って気持ち悪くなってきた。。。

裏の表示をみると・・
20150608010905.jpg

なーるほど。

いったいどんだけ「うま味調味料」ってヤツが入ってんだか(笑)



何年か前に、日本製の冷凍餃子をもらって食べたとき、気持ち悪くなったことを思い出した(笑)

日本にいたときは、そこまで気持ち悪いとは感じなかった。


冷凍餃子が美味しいとは思わないけど、まあ揚げて弁当にするならいいか~と思ってたし・・
袋づめの千切り野菜は超簡単だけど、野菜の味はしないよな~くらいにしか思ってなかったのだが・・

すっかりアメリカナイズされてしまった体で食べると、冷凍餃子は不自然な甘さ?みたいなものが気持ち悪いし、
袋詰めキャベツの千切りにいたっては、ヘンな臭いまで感じるようになってしまった。

すっかり食べられなくなってしまったのだ。


人の味覚というのは、つくづく環境に慣らされてしまうものなのだろう。



それにしても・・日本の技術はすごいよなあ。

落ちリンゴを集めて、ぜーんぜんイチゴを使ってないのにイチゴジャムを作っちゃう技術だとか(笑)
りんごからイチゴジャム

うまい棒のコーンポタージュ味もタコ焼き味も、まさに、そのままの味を出しちゃうんだから。

でも、やっぱり今の私には不味い!
不味いと思ったら、もう食べられん!!


こんな素晴らしいフェイク食品を作る技術があるなら、もっと他のことに貢献して欲しいよな~。 日本!!


表示を見て何が含まれているか? 体に良いか悪いかをいちいち考えてから食べることより、

ひとくち食べただけで美味しいか不味いかで判断できる舌だけは、ずっと持ち続けたいなあ~と思う。



これは、私の一番の、アメリカに来てよかった事だ!

アメリカが添加物まみれになってない国だから。


それでもヨーロッパと比べると、まだまだアメリカで使われる添加物が多いとされているけど・・

じゃ、日本はどーなっちゃうんよ?


小さい頃から、モチモチふわふわ食パンで慣らされてしまった日本の子供はどうなるんだろう?
気の毒になあ~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ついつい、サンクスギビング料理の話から脱線してしまったわい!

さて、私のサンクスギビングの料理は?

なーんもありません(笑)

小さいターキー買ってきて、スタッフィングには、ターキーの出汁をしみこませた玄米と香草をお腹に積めて薬膳風にして、
グレービーソースは、特製のマッシュルームと醤油ベースにしようか~とか・・・

いちおうイメージしてみたものの・・

ベッドに寝っ転がって音楽聴きたい♪、本読みたい、ウダウダした~い!と思ったとたん、止めちゃいました。

まさに、これこそ一人暮らしの醍醐味
気分次第で好き勝手ができるってもんです

ただ、季節がらクランベリーが安かったんで、大袋を買ってきて、今ぐつぐつハチミツと一緒に煮てます。
cranberry-balsam-vinegar-modena.jpg


クランベリージュースを買うより手作りしようかと。

cranberyjuce.jpg


クランベリー、体にいいっすよ!

とくに膀胱炎にはよく効きますよ~。(←私の持病)

料理にスピリチュアルを感じるとき

日本のお正月は3日までお休みなんだよね?
いいなあ・・・。


アメリカは元旦の1日しかお休みないです。
2日から仕事、それも山のように仕事が溜まっていて今週はメチャメチャ疲れました。


そういえば・・元日にお雑煮を食べてなかったっけ?と思い出した。
(年末に掃除が終わらず元日も続きの掃除してたため・・なんてこった!)

さっそく買い出しに行き、5日にようやく元日を迎えた気分。



私が子供の頃から家で食べていたお雑煮は、鰹節と昆布でだしをとったすまし汁に鶏肉を入れ、小松菜(またはほうれん草)、なると、焼いた四角いお餅、香りづけと彩りに柚子を少々。(典型的な江戸風雑煮なんだとか?)

Fotolia_66033210_Subscription_Monthly_M.jpg


朝からせっせと昆布でだしをとって鰹節を削って・・澄まし汁は絶対に濁らせちゃだめ!と言われた言葉を思い出しつつ
久々にそんな作業を楽しんだ。

ozouni.jpg
残念ながら、ナルトと柚子が売り切れだったためカマボコを使い、柚子は使えなかったんだけど・・・


お雑煮ほど地域によって、また各家庭によって違うものはないんじゃないかな。


地域によって?


地域を、うーーんと世界レベルまで広げてみる。


そういえば、

アメリカ料理なんてハンバーガーくらいなもんでしょ?とか

イギリス料理はマズイとか、

モンゴルなんて馬乳酒と羊肉しかないとか、


色々聞いてたものだけど・・

それはたぶん、「観光客が一般的なレストランに入った場合」の話だったんだな~って思うようになった。


家庭料理ともなれば、それぞれの地域に必ず美味しいものはある。


アメリカにいることなんで、まずは、こちらの美味しいものでも紹介してみよう!!
それも家庭料理レベルのものを(笑)


アメリカにも様々な家庭料理があって、

私はとくに、

クリーム・スピナッチ
creamspi.jpg


グリーンビーンズ・キャセロール
2c1cb3f5-7bbb-402e-902f-51195b7475a1.jpg

な~んて付け合わせ料理が好き

黒人家庭では必ずといっていいほど・・

カラードグリーンという、付け合わせ料理があるんだけど、
   ↓
collardgreen.jpg

これがまた、私のお気に入り(もちろん作り方にもよるけどね~)
実にコーンブレッドによく合う。


グリーンビーンズやホウレン草など、素材が良ければ、日本のお浸しや胡麻和えにすると美味しいんだけど・・

育ちすぎてアクが強いときはアメリカ家庭料理にしちゃった方が断然美味しい😋

ところ変わればの知恵だと思う。


昔の日本人は、すごく素材の良い野菜を食べてたからこそ、お浸し胡麻和えなんて料理が考案できたのかもしれないね~。



それと、アメリカではパンの種類が豊富で、パンは日本と比べれば断然安いのが特徴かな。

サンドイッチもハンバーガーもパンが命だもんね~。


これは、私の地域では有名なGバーガーというものだけど、お皿の上にこのハンバーガーを載せてナイフを突き立てた状態で出てくる(笑)

お皿にばらすとお皿がいっぱいになる(このままかぶりつくのはさすがに無理!)

野菜も生野菜だけでなく、炒めた種類の種類も実に多い。

The-G-Burger-660x330.jpg

なにより特注のバンズを使ってるんでメチャメチャパンが美味しい。


こちらはベーグル専門店
   ↓
20170516_Pulse_New-York-Bakery_3504.jpg

焼きたてベーグル、それもすごい種類

これで、お好みのサンドイッチを作ってくれる。
bagles.jpg


ブラックベリーで菓子パン感覚も
850981e8e68f739aee579341d21617be--vegetarian-sandwiches-healthy-sandwiches.jpg


以前は、アメリカのファーストフード系といえば、サブウェイくらいしか知らなった私だけど・・

「サブウェイなんて、アメリカだってパンがマズイんで有名なんだよ!」と、こちらに来て教わった。


もうひとつ、南ロサンゼルス地域で美味しいものは豆腐だ!


豆腐なんていまどき、どこでも買えるし、大手日系企業の作った豆腐だっていっぱいあるのだけど・・


これは、昔っからLAにある元祖豆腐屋さんの豆腐。 
豆腐がまだ出回ってなかった時代に日系人が始めたという豆腐屋さんのトーフだ。

これはフツーの四角い豆腐で、2ドル50だったかな?
meijitof.jpg


私のお気に入りは、こっちのsupreme tofu・・ちょっと高めで、4ドル50する。
IMG_1836.jpg


日本にいた頃、一つ千円という高給豆腐(桐箱入りだった)を買って食べたことがあったけど・・こんなもんかい!ってカンジだった。
桐箱が高かったんかな?

ところが、アメリカに来てこれを最初に食べたとき、ぶっ飛ぶくらいのおいしさだった。

なんとクリーミーで優しい味・・しかも、大豆ってこんな甘味と香りがあったんだ~!と(笑)

アメリカ人は、これをデザート感覚で食べたりする。



日本のスーパーで買うお豆腐ってすごく安いんですって?

IMG_9136.jpg

母によれば、イオンとかいうスーパーの特売では、
「お豆腐一つが10円だったんで買ってみたけど、ちっとも豆腐の味はしなかったよ。」

ということらしい。


ずいぶん昔に「美味しんぼ」というアニメで、LAのお豆腐は美味しい!ってのを思い出して、

あ!これだったのかも!と思った。


ほとんど毎週のように早起きして、このお豆腐屋さんに買いに行くのを楽しみにしている私だ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話は変わって

まだ90年代に、はじめてモンゴルに旅行したときのこと。

Mongolian-Nomad-Large.jpg


遊牧民に交じってキャンプで食べた羊料理は絶品だった。

ただし、丸々太った羊を殺すところから始まる料理だけど・・。

ほとんどの観光客はこのシーンを見ようとはしなかったんだけど、私は一部始終を見届けて全部カメラに収めた。
それが義務のような気がして、見なきゃいけないと思った。


遊牧民の解体は見事だったよ!


ナイフ1本と手だけで、一瞬にして頸動脈のあたりをついて絶命させてしまう。(これも地域によって若干の違いはあるらしい)
まるで、仕掛け人・梅安の腕前かと(笑)

我々社会の屠殺方法の方が、なんと残酷なことか!とも思った。。。


解体中、血は一滴も大地に流さないことがルールなんだそうだ。

解体後は、壺のような鍋の中に玉ねぎと一緒に肉を入れて、焼いた石を入れるだけ。
待つこと数時間。

大人の羊には特有の臭みがあるはずなんだけど、まるで無くって、むしろ香ばしい香りに満ちている。

あれほど料理に感謝し感動して食べたことはないと思う。


食べ終わった後、モンゴル人ガイドさんが石を握りながら教えてくれた。

「この石を握ってるとお守りになるんだ。 体を守ってくれるよ。」

料理に使った焼いた石だ。

まだほんのり暖かい石を握ると、命をもらった気がした。


これはもちろん、モンゴルの遊牧民の特別料理なのだ。

特別のお祝いの日か、または特別な訪問者のためのおもてなし料理なんだそうだ。

日頃はめったに家畜を食べることはないし、すごく大切に扱っている。


・・・・・・・・・・・・・・・

その夜、私たちのテントに遊牧民の女の子がやってきた。 
ほっぺの赤い女の子、それでも・・たぶん、15-6歳ってとこだろう。


こんな子だった。
Inner-Mongolia-Bicycle-and-Horse-Tour-by-Cycle-China_131-1024x531-1024x531.jpg


紙に包んだチーズをくれて、食べるようにジェスチャーで示す。



昼間、友人と二人でこの子の家(家といってもゲルだけど)を訪れて、

日本から持ってきたお菓子をあげたり、ポラロイドカメラで写真を撮ってあげた。

たぶん、そのお礼のつもりだったのだろう。


遊牧民の人たちにカメラを向けると、「ちょっと待って!」ってジェスチャーをして

全員が正装して出てきてしまう。 しかもカメラ目線になるのだ。
(日常をカメラに収めたかった私たちは・・これには閉口したけどね~)


せっかくのお礼。

チーズ嫌いの友人が、申し訳程度にかじった途端、

「なんて美味しいいの! これが、チーズなの!」と叫んだことを思い出す。

たぶん、山羊のチーズだったと思う。
そこんち、山羊がいっぱいだったから。

このチーズ、臭みはまったくなく、むしろ淡泊な味。 なのに後味にクリーミーさが広がっていく。
ヨーロッパのチーズとはまったく違った味だった。

その後、この友人は「チーズはモンゴル遊牧民に限る!」が口癖になった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が行った国は、わずかなんだけど、

どこにでも必ず絶品料理はあって、

それは、必ず彼らの命と繋がってる気がする。


それ以来、料理にも、スピリチュアルなものが宿っていると感じるようになった。
命や心といったもの。

それならば、
マズイはずがないし体に悪いはずもない。



北極圏ではアザラシの肉を犬と分け合って食べるそうだけど、

pole_superfeature.jpg

極寒の地では、脂身だらけの肉が最高のご馳走なんだという。

たぶん、そこに行ってみなければわからない味だろう。
お取り寄せしても・・味わえない味だろう(笑)



日本にも、料理に込められた思いがある。

特にお正月料理には、スピリチュアルなものが含まれていることだろう。


サバイバル世界を生きるているのかも

スーパーマーケットに買い物に行ったときのこと、
オーガニックのサラダミックスを山ほど買い込んでる女性をみかけた。

bolsas.jpg

本日はバーゲンセールプライスだったけど、それにしても大量な・・大家族なのか、パーティーでもやるのか・・。


ちなみに・・私は、買わない!

たしかに、野菜を洗って切る手間は省けるし、私のような一人暮らしにとっては「便利この上もないもの」なんだけど・・

でも買わない!

別に、それに深い理由はない。

@味がまずい!  ということと・・

@買うな!・・と云う私の直感に従ってのことだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その日の夜、In DeepのWebページを見たら、こんな最新記事をみつけた。
   ↓
無農薬だろうが有機栽培だろうが、「野菜は毒性の強いトリハロメタンまみれ」であることがイタリアの大学の調査で判明。そしておそらく「全世界で状況は同じ」

「トリハロメタン」

聞いたことのない名前だったが・・

水道水に含まれ、我々の生活の中にも浸透している・・ということらしい。

しかも、

●それが「日本ならパックにつめられているカット野菜のような感じの、すぐに食べられる野菜から基準値以上に近い数値が検出された」

●試験したすべての即食野菜中で最大の濃度で存在するトリハロメタンは、クロロホルム

●すぐに食べられるように販売されている野菜にクロロホルムが含まれていることが判明



dispImage.jpg


日本でもカット野菜は多く売られていることだろう。

10年以上も昔、私がまだ東京に住んでいたときでさえ、そうだったから。

コンビニで、キャベツの千切りパックをみつけて、最初は、「こりゃ!便利だ!」と思ったものだ。

ところが、使ってみると・・ヘンな匂いを感じるし、ちーーとも美味しくない!
あの、キャベツ特有の甘味とうまみがまるでなかったのだ。

で、やめた!

その後、冷蔵庫で保存し忘れて次の日になっても、葉っぱが茶色くならなかった!なーんて話を聞いて、ますます使いたくなくなった。(←不自然なものはキライだから!)



今では、こういった野菜は、おもに次亜塩素酸ナトリウム(NaClO)の 水溶液につけて変色防止をするというのは周知の事実になっている。


だから、「カット野菜は危険だ!」 「カット野菜には栄養がない!」という人もいれば、
「いや基準値内だからちっとも危険はない!」「栄養価は変わらない!」・・・という人たちもいる。


しかし、
今や問題は水にあるといわれてしまえば、すべてが問題だ。

たとえオーガニック野菜だろうが肥料まみれの野菜だろうが、水で洗って使い、調理に水を使えば大差ないのかもしれない。

foodposoning.jpg


アメリカ人の健康法として・・
「毎日 1リットル以上の水を飲み、1日に少なくとも6カップ分の果物や野菜を摂取する」といいのは、確かにこちらではよく聞く健康法だ。

ところが、そんなことをし続ければ、むしろ不健康な命取りになるのかもしれない。

インスタント食品や加工品を避けていたとしても、あらかじめ洗浄された野菜やサラダミックスを買って食べていれば、それもまた、最も不健康なことなのかもしれないのだ。


いまだに、「毎日梅干し1個を食べ続けることが健康法」と信じて疑わず、添加物まみれの梅干しを食べ続けることと同じかも(笑)



今、世界中で飲料水に問題があるとすれば、

土壌も、そこから採れる作物のすべても汚染されてるということになる。

fishdie.jpg


それだけではない。

基本的な調味料である、塩も砂糖も酢でさえ今では添加物たっぷりだし、すべての食肉は成長ホルモンまみれ、養殖魚介は当然成長ホルモンまみれだし、貴重な天然魚介ですら汚染海水でとれたものばかり。 日常使うシャンプーやコンディショニングには合成界面活性剤や防腐剤もたっぷりで、化粧品もハンドクリームも化学物質が含まれ、ほとんどの歯磨き粉はフッ素混合で、おまけに私たちの毎日は電磁波暮らしの上、毎日多量のゴミを出して海も土壌も自ら汚染しちゃう生活をしてるのだ。


213736-675x450-pollutedshore.jpg



そして、「どれが体に良いとか悪いとか」 「どうすることが健康にいいとか悪いとか」・・
インターネットなどの情報で仕入れたり、その道の権威、ドクターに聞いたりする。

その情報に食い違いがあれば右往左往してみたり、いったいどれを信じればいいのか!と突っかかってみたり・・

血糖値血圧がどうとか・・ドクターの示す数値をみては一喜一憂する。



やれやれ

なんだか・・ばかばかしくなってくる。


私たちは、回り中危険だらけの「未知の砂漠」にでも放り出されてるようなものだ。

mojave.jpg


そこで何を信じて何に従う?


インターネットで検索したWikipedia情報? 権威者の言葉? 政府の発表?

ぜーんぶ・・NO だね!


サバイバル状態で、私が唯一信じて従うものは自分の直感しかない。



だからといって、それは、なーんにも信じられない!とか、なーんも信じない!ということで、シャットアウトしてしまうつもりはない。

nobelieve.jpg


インターネットで検索したWikipedia情報、権威者の言葉、政府の発表も、いちおうは目を通し、聞を傾けることにはしている。

「嘘の中にも真実は含み、真実の中にも嘘が含んでいる」ものだと思っているから(笑)

ただし、最終決定をくだして何をピックして行動するかは、やはり自分の直感だ。

まあ、その結果がどうなろうとも、それならば、自分で納得できるし悔いはない!と思えるから。



そんなことを言ったところ、

「おいおい、なんだかなあ~。
この文明の地で、コンピュータライズされたオートマ車に乗り、日々スマホを身に着けてるような人が言う言葉とは思えないね。」

と笑われることもあるんだけど・・

私には、やっぱり・・現代のこの世で、サバイバルしているように思えてならないのだ。


この都会生活の裏側に、

nycity.jpg

未知なる砂漠が重なっていて・・・ガラガラ蛇やサソリも潜んでるし、夜になればコヨーテが襲ってくるかもしれない。
流砂に飲み込まれるかもしれない・・危険だらけの世界があるようなカンジだ。

Quotation-Albert-Einstein-The-world-is-a-dangerous-place-to-live-not-because-8-72-82.jpg


そうなれば、やっぱし頼るものは、自分の直感のみ!


「たしかにそうだね~。
だけど気をつけた方がいいよ!
野生に近い生活の中では、直感力は強まるけど・・
都会の中では、直感と思ったものさえが、先入観だったり思い込みだったりすることだってあるからね。
半面が文明社会の都会ならば、そういったまやかしだって起こるかもしれないよ。」


ああ、おっしゃるとおり!

気をつけないと、それも大いにあり得ることだ!


・・・・・・・・・・・・・・

さて、きょうは何を食べたい?・・・と、私のおなかに聞いてみた。

「じゃがいもたっぷりのアイリッシュシチューに、サラダに、コーンブレッド」・・と答えた気がする。

ついでに、私の舌にも、耳にも、目にも・・全身に聞いてみたところ、

全員一致(全身一致?)で可決された。

これなら、たぶん・・間違いはないかも(笑)
今夜のメニューは決まった。



サーモンの話

オフィスで思ったこと。

多国籍の女が集まれば、1に食べ物の話、2にファッションの話で盛り上がるんだなあ。

まさに、ガールズ・トーク

私の部署の女性陣は、みなアメリカ国籍だけど、韓国系、香港系、メキシコ系で構成されている。

とくに、韓国系女性は、メチャメチャの日本びいきで、日本のことなら、私以上に知ってる気がする。

ほら、あそこに新しいジャパニーズレストランがオープンしただとか、スシだったら、あそこの店が美味しいわよ!とか・・

「ところで、日本人の典型的な朝食ってどんなもの?」と、香港系が聞くと、私が、えーとね・・と考えてる間に、彼女がすらすらと答えてくれた。

これが、日本の典型的、オールドファッションな朝食スタイルだ。

img_07311.jpg
https://rocketnews24.com/2015/11/19/666000/

白いスティームド・ライスに、ミソスープ、ナットウ、ベークド・サーモン、
それから、厚焼き玉子とお新香の説明も、ちゃーんと加えてくれた。

ちなみに、この上の画像は、コンビニ食セブンプレミアムからの画像。

すごい! 今では全部コンビニで、こんな朝食も揃ってしまうんだね~。 チンするだけで。



「なんといっても、サーモンは欠かせないわよ! 私はスシバーで一番好きなのは、サーモンね。」と、彼女は言う。

そこで、みんながいっせいに私の顔をみる。

困ったな~。

「うーーん、私は実をいうと、あんまりサーモンは好きじゃないんだ。
独特の臭みが苦手でね。」 
と、正直に答えた。

日本人といえば、卵焼き塩じゃけだろーが~。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう10年以上、日本に行ってないんで、現在の日本事情があまりわからないのだが、

少なくとも、アメリカで食べるサーモンが美味しいと思ったことがない。

スシバーで食べるサーモン握りも同様で、独特の生臭さが気になってしまう。

もっとも、私はMatsuhisa(ビバリーヒルズにある高級店)などで、食べたことがないんで・・あくまでも「LAにある一般的なスシバー」のことを言ってるだけなのだが・・。


以前、独特の生臭さを消して美味しくたべる方法を教わったことがある。
      

サーモンスシを美味しくたべるコツ
     ↓
サーモンスシを美味しく食べるコツは、レモンをきゅっと絞って少し置いておくこと。(レモンが無ければライムでもOK)
サーモンのピンク色が少し白く変わってきた頃に、さっと醤油につけて食べる。



たしかに、これだと美味しく食べられる。

でも、ここまでして、わざわざサーモンを注文してまで食べたいとは思わない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サーモンといっても、今では、「日本産の天然の鮭」なんてめったに手に入らないという。

もちろん、私は「日本産天然至上主義者」ではない。


最近は、日本のスーパーで並んでいるものは、ほとんどがチリ産かノルウェー産だと聞いたことがある。

むろん、養殖

チリかノルウェーで養殖されたものを日本が輸入して、スーパーに並ぶというわけだ。


昨今、こういった養殖モノが危険、といった記事もいっぱい目にする。

たとえば、こちらのサイト (英語版だけど、画面をスクロールするごとに、養殖サーモンが消費者のもとに行く過程をわかりやすく、面白い作りになってるので、参考までにURLを張っとく)
   ↓
What's in farmed Salmon

養殖は危険だよ~! っと訴えてるわけで、これを要約すると・・

●サーモンの稚魚は麻酔薬をうたれる
    ↓
●次に、お腹にワクチンをぶすり
    ↓
●イケスへ放たれる。 イケスの中に病原菌、細菌、フナムシなどが繁殖
そこで、与える餌の配合成分は
  ・ 遺伝子組み換え、
  ・(薄いピンクになる)色素配合
  ・ 豚や鶏の原料入
  ・ 殺虫剤成分
  ・ PCB(ポリ塩化ビフェニル)が混入した脂肪
  ・ フナムシを殺す化学薬品、病原体の集団感染を防ぐ抗生物質
  ↓
●これらの餌を食べ続けて成長したサーモンが出荷



おそらく、これが空輸されて日本へ入って、主に、スーパー、コンビニ、レストラン、回転すし店などへ流れていくのだろう。


もちろん、反対意見もある。

何を言っとるんだ! 養殖は安全そのものなんだぞー!と。


ざっくりと反対理由を調べたところ・・

●麻酔やワクチンの摂取=悪ではない! 人間だってするわけだし、病気にならないためのワクチンだろーが。

●チリやノルウェーのサーモンの養殖は厳しい管理のもとでされている。

●成分に関しては・・殺虫剤成分は保存剤-食品には入っているレベルだし、PCBも抗生物質も安全基準で、それほど高い数値は入れてない。



alaska-fly-fishing-adventure-trip.jpg
https://epicanglingadventure.com/2015-alaska-fishing-update/

さて、人のリアクションは、まさに人それぞれ(笑)

とくに日本人の場合
    ↓
どーでもいいじゃん! 美味しければ食べる!って人もいるし、

こんなの聞いたら怖くて食べられない!って小心者もいるし・・

どっちを信じたらいいんか、わからない・・と悩む人もいる。


私?

サーモンは、前述したとおり、独特の生臭さを感じてしまい、とくに今は美味しいと思わないから・・好んで食べない。
もともと嫌いってわけではなかったと思うのだが・・。

遠い昔の記憶で、日本にいた頃、鮭っておいしいと思ってたこともある。

あれば・・国産天然だったかどうかは、今となっては不明。

450-20160331144947308925.jpg


それに・・

安全だったとしても、美味しく感じたとしても、やっぱり・・「養殖」ってヤツは好きになれない。

不自然に人によって作られたものだからだ。

不自然に育てられたサーモンの一生は、幸せを知らずに育ってると思うから。

命をかけて、川から海へ渡る醍醐味も知らず、川や海の匂いも知らず、思いっきり泳ぐ喜びも知らず、危険もない代わりに達成感も幸せもない、そ~んな鮭生を送ったサーモンさんたちからは、栄養は頂けないと思っている。

salmonandbear.jpg


もちろん、サーモンに限らない。 養殖魚すべてもそうだし・・
ウシ、ブタ、ニワトリだって同様。

人間の都合で、成長促進剤を打たれて大きくされて、食べられることだけを目的として粗悪な環境で育った動物に幸せはない。
それは、「生きたことにならないから。」

食するならば、一生を自分の力でせいいっぱい生きた動物や魚に限ると思ってる。 

たとえ、いずれは殺されて食べられる運命だったとしても・・。


そんなこと言ってたら、いまどき食べるものなんてなくなっちゃう。
だから、食べるときは食べるけどね~。(←ポリシーもなんもない!と言われてる私)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サーモンの話で、もうひとつ

遺伝子組み換えサーモンも登場してるって事、ご存じしたか?


もう、これも数年前の話で、アメリカでは、かなり反対運動もあったことを覚えている。

2015年の日本語で書かれたCNNニュース記事をみつけた。
     ↓
米当局、遺伝子組み換えサケを初認可 表示義務なし


こっちは、2013年の記事
    ↓
米国でついに遺伝子組み換えの鮭を市場投入 農作物から動物への拡大に欧州は大反発

sakebyoki.jpg



遺伝子組み換えサーモンの利点は、

●病気に強いサーモンになる

●2倍の早さで成長する



わざわざ、成長促進剤やら、ワクチン投与して育てる手間もなくなるってわけなんだね~。
だけど、もちろん・・他のGMO植物同様に、一代限りだ。


こちらの記事に詳しく載ってた。
   ↓
IN YOUより
遺伝子組み換えがもたらすモンスター食品動物5選|あなたも口にしてるかも?


この記事を読んでたら、つい、笑ってしまった。。。

サーモンだけじゃなくって、羽根の無いニワトリだって~(キモイ、可哀そうすぎる!笑ってる場合じゃないんだけど・・)

ニワトリを加工する際に、羽の除去にかかるコストダウンできるし・・

鶏の成育に向かないような熱い国での飼育も可能となる。

で、WIN-WINってわけか~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあ、どこで何を開発しようと結構なことだと思うのだが・・困ったことには、政府がいつの間にか承認してしまって、それをちゃーんと詳細に発表しないってこと。


EU諸国じゃ、前からGMOには反対だし・・あ、ロシアもそうだった。

GM天国のアメリカでも、強硬な反対運動もあって、ようやく、せめてもの「表示義務のための連邦法」もできたとか。



これは、ハンガリーで1000エーカーもの、GMとうもろこし畑を焼き払ったというニュース映像 (数年前だったと思うけど・・)
      ↓
Hungary-Burns-Monsanto-Crops-740x477.png
http://upriser.com/posts/hungarians-just-destroyed-all-monsanto-gmo-corn-fields


でも、一番困ったことに、日本ではGMに対する人々の関心がほとんどないとか。 

こういった事実を知らない人さえ多いとか。

そのおかげで日本は、アメリカ以上のGM天国だそうだ。

うーーむ。 

なんだか、人体実験されてるような気さえしてくる。。。

いいのかこれで・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・

きょうのお昼は、何を食べようかな?

サーモンの話をしたせいか、フィッシュが食べたくなってきた。
ファーストフード店で買ってこよっと!


これは、ゴハンの上に、グリルしたフィッシュとズッキーニをのせて、ケジャンバターソースをかけたもの。

この上に、お好みで、オニオンマリネと、刻みトマトたっぷりのサルサ、それに、刻んだシアントロとライムをきゅっと絞って。
(全部、店の手作りで、これらは自由に好きなだけもらえる。)

nahinahi.jpg


魚もソースも自由に選ぶことができるし、ちょっとメキシカン風でもある、近所のファーストフード店のメニューだ。
私のお気に入りの魚は、マヒマヒ。

これに、フィッシュ・タコもつけるかな~、それとも、クラムチャウダーにするか・・

taco.jpg


アメリカのファースト・フードは、なかなかなものだ!と、思ってる(笑)

少なくとも、あの、セブンイレブンの「日本の朝食メニュー」よりは、健康的な気がしてしまう私だ。
Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"